投稿者「kikiki_rin」のアーカイブ

新道寺の本

 を、今日SHTにて頒布する予定でおりましたが、諸事情により書き直しと判断致しました。 申し訳無い・・・こんなことばっかりで。どうしようもない下拙でありますが、無事倫理内収まるよう書き直せました暁には、C92に受かっておりました際には必ず、お出しできます… 続きを読む

C91にて咲安洋行。 お礼と委託について。

 先月30日の寒風差し込むうららかな晴の中、当スペースまで足をお運び頂きどうもありがとうございました。咲安洋行シリーズとしてパート2を無事描きおえる事が出来て安心しきりです。しかし反省点が、まず一見して何のどんな漫画だかよくわからない風貌の本で、その上悪… 続きを読む

C91のこと

年の瀬でいつにもまして時が超高速で通り過ぎてしまいます。足の指もみるみる冷たくなっていってしまいます。如何お過ごしでしょうか。突然の事となりますが、12月30日開催の冬コミに参加するべく、同人誌を作らせていただきました。-新刊-「咲安洋行part.2 -After Sleep at … 続きを読む

JC紀行

切れ味鋭い季節。切れたナイフ。行き着く先のリアクションにどっちらけなお年頃。そんな殺風景とそのど真ん中に佇む彼女達を探しに出発だ。本編5巻カラー口絵付近後にも先にも用水路流るる。この土地の水全ては天竜川へ向かう。清澄高校最寄駅七久保と高遠原の中間地点。 そ… 続きを読む

コくう90

 やくよじのです。本日12日にコミックマーケット90が開催されます。サークル木と木とキもスペースを頂いておりました。が、落としました。なさけなや。なので既刊のみにて参加させて頂きます。よしなに。—-会計について—–お隣のスペースに来られます「かんむりとかげ… 続きを読む

写る。

 うなりあがる猛暑いかがお過ごしでしょうか。日差しに当てられて急に思い出す話題なのですが、158局、咏さんの番組でのワンシーンで出てきました出場校紹介の件がとてもとても好きだということです。それぞれのポートレートが一列に並べられ、オーダー学年と共に身長早見表… 続きを読む

パーキンピーポー

 駐車場は良い。駐車場のような人間になりたい。完全な利害関係の下、目的と手段の大事な繋ぎ。つなぎが大事。ハンバーグ師匠も仰ってた。私は駐車場のような人間になりたい。だだっ広い空間でいそいそ目的抱えてやってきた奴らを待ち構えたい。そんなわけでそんな感じの絵… 続きを読む

SHTにて咲安洋行

先日27日はうららかな日和の中、当スペースまでお足を運んで頂きどうもありがとうございました。咲安洋行というタイトルで、気まぐれに蝶々さんを追いかけ彷徨うが如くつらつらと短編を描こうというコンセプトにて仕上がることになりました今回の本。なるたけ朗らかな気持… 続きを読む

3月27日のSHTのこと

明けましておめでとうございます。寝正月でした。昨日は大変な一日でしたね。突然の事となりますが、 明日3月27日開催、蒲田にて行われるSHT内,「りんしゃんかいほー!12」に参加するべく、同人誌を作らせて頂きました。-新刊-「咲安洋行 -the Monochrome Farewell … 続きを読む

お礼と委託とMPM

 一週間近くの時間が経ってしまいましたが、先日のSHTでは来て頂いた皆様どうもありがとうございました。クリアファイル、手にとってみてどうでしょうか、、、?ちょっと印刷が薄かったやも知れません。中に一枚コピー用紙でも挟めばきっと丁度よくなるかなあなんて思います… 続きを読む

9月21日のSHTのこと

明々後日、大田区産業プラザにて開催されるSHT、りんしゃんかいほー!11に、委託で参加させていただきます。9/21(月)~咲-Saki-オンリーイベント~りんしゃんかいほー!夏コミに引き続きサークルかんむりとかげ様のスペースをお借りさせていただきまして・・・。クリアフ… 続きを読む

すこラップ

描け麻というものを初めてやりました。コテンパンにのされました。みちよんさん、こんな感じで大丈夫でしょうか。すこラップってこんなんで合っているんでしょうか。。。  続きを読む

うたこころ

 小3にして既に全日本代表の片鱗を見た。そして若輩者ならではの爪の甘さも。瑞原、赤土に続き本編では名前肩書きだけが先行していたトップランカー達のプレイスタイルが日の目に出来てました。んで咏さんちょーーー可愛い。 なんなんあれ。これは五十嵐あぐり先生の成せ… 続きを読む

あだしごと

 夏だしね。夏も良い頃合だしね。描いたはいいけどどうしたらいいかわからないのをアップしてしまってお茶を濁すのもまた、ね。夏だし。  続きを読む

夏コミでの宮守女子のこと。

この度は夏コミお疲れ様でした。来ていただいた皆様どうもありがとうございます。今回はかんむりとかげ様のブースにお邪魔させてもらっての参加で、ことさらに迷惑を振りまいてのイベントになってしまいました。わちゃくちゃと荷物と木偶とを押し付けてしまったのに冷静で心… 続きを読む

15日のペーパーとその他のペーパー

昨日の追記のようなものになってしまいますが、、明日のC88にてフリーペーパーを何枚か配ろうかと思います。サンプルこちらこんな感じの、塞さんの独白を2ページに収めさせていただいて。。どうぞよろしくです。この機会に前回のC87で配ったペーパーもアップしておこう。… 続きを読む

C88に向けて、宮守女子の同人誌を作りました。

また突然な話ですが、15日の夏コミに参加しようと思い、ようよう頒布できそうな本を用意出来ました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー2日目(土曜日) 西ホール”か”17b「かんむりとかげ」ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー… 続きを読む

色盲かしら。色情かしら。

(悠彗ちゃんかわいいです。閑無ちゃんもそう、コロコロ変わる表情。)シノハユ第20話。前回想像で色着けた慕ちゃんの服、耕介さんの髪色など結構な勘違いを・・・。飛ばし記事を・・・。特に耕介さんは、おそらく第1話以来のカラーなのかしら?その時見ていた感覚だと、この… 続きを読む

(短し)

スカートの長さは命の長さ。彼女達の命と引き換えに、履いてる間に間に脈絡も無く最近のなにがしかを書いてみようの会。そんな中スカートとは無縁の二人の事。彼女らの置かれた境遇は似ている、ようでちょっと違います。どちらもお仕着せの衣装のようでありながら、そのお姿… 続きを読む

22日の事

やっぱり姫松の冬服は良いね。特にお姉ちゃんは、キッチリ指定の着こなしで好き。上半身がすっきり見えるので良いね。そんなわけでして、もう明日、22日に開催される PureSnow実行委員会様主催の、さきすぺ7、に、私も参加しよう!と目論んでいたのですが、すみません。 … 続きを読む

きぬたん。

おめでとうやで。
続きを読む

おさらい。

  またぞろ私の頭の中の小さな消しゴムがオフィシャルの、「オフィシャル感」みたいなものを、なんというかこう、「大切なもの」を、消していってしまっていますので、またぞろこうして、一通りのこう、「サイズ感」みたいなものを、捉えなおしていこうじゃありませんか、… 続きを読む

29日と6日と2015について少しの事。

 大分遅くなってしまいましたが、(年すら跨いでしまいましたが)先日29日の冬コミではどうもありがとうございました。生憎の雨の中、わざわざ当サークルまで足を運んで下さった皆様に多大なる感謝を送らせてください。掛けてくださったお言葉のお陰で私の膝はどうにか笑… 続きを読む

姫松の25日と、あと29日についてチョットの事。

・・・。ひとまず25日は置いておいて、29日の冬コミのお話。 当日同人誌を頒布致しますが、買っていただいた方にペーパーを一枚お付けしようと思います。サンプルはこちらこんな感じの2ページ漫画を用意できました。今回出番のあまり無いゆーこ、きぬ、いくのんを中心… 続きを読む

コミケ87に向けて、姫松高校の同人誌を作りました。(22日 追記)

突然な話ですが、今月の冬コミに参加しようと思い、なんとか頒布できそうな本を作ることができました。 コミックマーケット872日目の月曜日 西地区 ”き”ブロック 05aこちら表紙になります。  「Himematsu in Avalanches」B5/50P/オフセット/500円姫松、と銘打ってありま… 続きを読む

コミケ87に向けて、姫松高校の同人誌を作りました。

突然な話ですが、今月の冬コミに参加しようと思い、なんとか頒布できそうな本を作ることができました。 コミックマーケット872日目の月曜日 西地区 ”き”ブロック 05aこちら表紙になります。  「Himematsu in Avalanches」B5/50P/オフセット/500円姫松、と銘打ってありま… 続きを読む

有珠山ビフォア・サンセット パイセンまでの距離。

有珠山高校1年、真屋由暉子。麻雀部唯一の下級生であって、やはりどうやら各先輩方への一定の、いかんともしがたい距離感が垣間見えてきます。その距離の保ち方こそ、彼女の骨頂なのか、それともここからの間の縮め方こそが彼女の物語なのか。  パイセンNo1,ナルセンの場合… 続きを読む

赤坂郁乃的afx春、夏、秋、冬

赤坂監督たんこの不適な張り付いた笑顔、そして人を煙に巻くような言動、もはや虚言壁。。。このキャラクター性、、もはや赤坂郁乃=Aphex Twinが成り立つのではないか。。。そんな、感じて、、、先日発売されましたAphex Twin13年ぶりの新譜、「Syro」素晴らしいですね。… 続きを読む

ダヴァン、やっちまえ。 咲-Saki-132局

いよいよ副将戦に突入です。おそらく現在、咲を追いかけている人間にとってもっとも注目されていたカードでありましょう。この後行われる(であろう)主人公戦、ネリー獅子原宮永の未曾有のど付き合いが予想される大将戦に繋がるこの戦い。言ってしまえば繋ぎな要素ぷんぷん… 続きを読む

おっぱいの漂流。

あらためて異常事態です。あなたの事です。絹さん。絹さん。絹さん!・・・。絹恵って名前超好きです。「絹」って略称がたまらないですよね。「きぬ」ってほら、声に出した時のこの舌ざわり。「Ki Nu」ってほら、口に出してみて、この歯ざわり。 まさに真綿を撫でるようなや… 続きを読む

飛び交う有珠山時間。 咲-Saki-第130局

 大変身を遂げる真屋由暉子さんにグッと来てしまった事をここに告白致します。なによりヘアピンの揃っていない、今とりあえず間に合わせた感がすばらしいです。夢の第一歩といったところでしょうか。。そんなニュアンスが零れ落ちてきます。 初めは誰とも彼とも我関せずと… 続きを読む

The Adventures of 愛宕洋榎

愛宕洋榎との旅は、エロティックとの闘いでした。第一印象に耽り続ける堕落した生活。あの眼差しーー。次第にほぐれやわらかくなっていく 彼女の表情、瞳の奥からかの鋭い眼光を引き出そうともがき。水面に映る月を掬い取ろうとするが如き。。ひたすら助平な視線を送る。私は… 続きを読む

愛宕家の今日。

愛宕雅枝は多忙さん。1. 2.   3. 良かった間に合ったかな。。自分は雅枝さんは完全に元プロのイメージでした。子供2人の世話に追われるかたちで引退、、みたいな。でもアナウンスの感じだとどうやら現役っぽいですよね。現プロで高校の、しかも三軍まであるマンモ… 続きを読む

のよ散歩 真瀬由子という子のこと。

真瀬由子こまごま。1、 2、3、 4、 5、 6、 7、 ・・・・・・。由子さんで最近気になっていた事、 9巻を読み直していて気付いたことなのですが、74局での姫松回想のくだり。部室で各自打ち込んでいるシーンで由子が立って卓を覗いていますよね。そこ虫眼鏡… 続きを読む

18年の一端。

早い話が、ヘソを曲げていた訳です。自分の、自分による、自分の為の自分勝手な思い込みによってぶー垂れていた訳です。アニメーションで披露された愛宕洋榎のキャラクター、その端々の仕草、こうじゃないんだよな~~ なんて思ってたのと違うなあ なんて「自分」好みの愛… 続きを読む

Men’s 咲-Saki-。 去勢されたマッチョイズム。  

男に一体なんの価値があろうか。そんな事を思わないこともなく。この世の常ともさることながら、こと咲-Saki-において、彼らの存在に一片の価値も無い。いや違う。彼らには役割がある。物語を語るにおいて、咲の物語にとって、男はそこに役割がある。役割があったはずだ… 続きを読む

彼女達の全国編。

アニメ咲-Saki-全国編終わってしまいましたね。。力漲る素晴らしいアニメーションでした。個人的に印象に残ったシーンは、1話アバンを受けての10話、豊音が電車の窓から、駅へ向かう宮守女子一同を見つけるカットでした。あそこは、ハッとさせられました。。はあ。。。も… 続きを読む

茸採ってたらそこに豊音。

彼女の何がここまで私を惹き付けるか。大きいからか。確かに大きい雰囲気の人は 私好きです。彼女はちょっと大き過ぎて、、あまりに大きすぎてもはや大きいってイメージあまりありません。こんなに大きいのに、何でここまで可愛らしいか。 何故こんなに惹き付けるか。答えが… 続きを読む

後ろ姿三景と宮守散景。 咲122. 6. ②. 8。

・・・。なにがなにやらわからぬまま日々は流れ。ぼけっとしてる間に間に咲-Saki-界隈では本誌、TV、HP。つつがなく連載は進み。次々明らかになる新情報にめまい。頭はパンクして後に鼻血。とりあえずここ最近の咲で目に留まった事々をまとめられるだけまとめようという… 続きを読む

宮守警察とはなんなのか。 SHT、並びりんしゃんかいほー8の事。

宮守警察というものが存在するらしい。咲-Saki-に限らず、あらゆる作品の二次創作界隈には、多かれ少なかれ自警団のようなものが存在しているようだ。何を取り締まるか。それはあまりに過激な陵辱表現、キャラクターを著しく蔑むような行動、言動、、そんな表現活動を行う作… 続きを読む

咲オンリーのお礼と委託販売の事。

大分遅くなってしまいましたが、先日23日の咲オンリーではありがとうございました。遠いところわざわざ当サークルまで足を運んで下さった皆様、話しかけてくださった皆様、まっことありがとうございました。当日は大変未熟者で、もたもたと頒布にてまどい沢山の迷惑をおか… 続きを読む

ほっぺ食堂の 咲-Saki-お誕生日カレンダー

また宣伝みたいなことをさせてください。今度23日の咲オンリーイベントにてほっぺ食堂のみちよんさん主催 咲-Saki-/カレンダー合同誌「咲-Saki-BirthdayCalendar」 に参加させて頂きました。12ヶ月+1ヶ月で月ごとに各高校が挿絵を担当して、現在誕生日が判明している… 続きを読む

愛宕洋榎と絹恵 の同人誌を作りました。

少し思うところありまして、今度2/23に東京で開催される「あンた、背中が透けてるじぇ!!」にて漫画本を出品させて頂くことにしました。アイノベルシステム主催咲-Saki-オンリーイベント「あンた、背中が透けてるじぇ!!」東京1 スペース19  サークル名「木と木と木」… 続きを読む

ふたり。  シノハユ5話と咲日和~清澄の巻⑥~

二人って関係性。やっぱり素敵。点と点が、前から横から、後ろから。お互いに関係しあって線になり、そしたら話になりました。そんなビッグガンガンvol02。いつのまにやら随分位の低くなった閑無ちゃんと、赤丸急上昇、杏果ちゃん。いいね。いつでも高品質、ふたりのときでも… 続きを読む

とりとめもない、白望にまつわるあれやこれ。

小瀬川白望にまつわるエトセトラ。外套かわいいですね。学校指定にしては色にバリエーションがあってかわいい。そんなわけで。シロに関して、アニメに関して気になっていたことをつらつら書き起こしてみようという日。シロのダルみに関して、シロのダルさ仕草にかかわる表現… 続きを読む

特に掘りさがらない、白望にまつわるあれやこれ。

小瀬川白望にまつわるエトセトラ。外套かわいいですね。学校指定にしては色にバリエーションがあってかわいい。そんなわけで。シロに関して、アニメに関して気になっていたことをつらつら書き起こしてみようという日。シロのダルみに関して、シロのダルさ仕草にかかわる表現… 続きを読む

身長、背比べ、、的な話。

去年。咲の登場人物、一通り身長が発表されました。ので、自分の中で勝手気ままに暴れまわっていた姫松高校の皆さんのイメージと「現実」を摺り合わせるべく、新しく用意しようという話でした。やはり一番驚きなのが末原恭子さんの意外な小ささです。てっきり洋榎さんとトン… 続きを読む

明華の手品のしかけとは? 咲 121局。

ネタバレ含みます。。。が、どうでしょう、最後のページのお姉ちゃん。いくらなんでも気ぃ抜けすぎではないかな?たしかに愛宕洋榎とは、マジとデフォルメの境が見分けにくい人物筆頭ではありますが、、これは果たして本当に試合中の顔なのか。これには理由があります。それ… 続きを読む

咲と新年

あけましておめでどうございます。いよいよ迫ってきましたね。。そわそわします。去年は雑な絵ばっか描いてきましたが、今年も、描いてたいなあ。とりあえず今日はもー、さと、むっ… 続きを読む

25日のお買い物。 シノハユ4話。

買ってきました。4冊。咲12巻、シノハユ1巻、咲日和3巻、、ビッグガンガン。とりあえず言わせてください。シノハユの表紙ッッッッすばら!!これは感激しました。まず手触りがいい。この手のざら紙を使ったカバーはちょくちょく見かけますが、自分これ大好きなんです。もう… 続きを読む

姫松高校、決戦前夜。 上重漫について。

前回の更新でもちょこっと描きましたが、とりあえずなんーか引っかかっている事項がありまして、今回更新することになりました。まず咲第8巻、153P、および154Pをみてもらえばわかるのですが、そうです、回想の姫松ミーティング風景です。お姉ちゃん行儀悪い。あ、… 続きを読む

姫松メンバーと姫松。 旅。

出不精ながら先日、大阪に行ってまいりましたので、写真を何枚かアップしたいと思います。降り立つは新今宮駅。日本が世界に誇るゲットー、西成地区の玄関口であります。大阪住まいの友人から、「西成では道を一本入るな。」ときつく注意を促されており、その忠告通りのタイ… 続きを読む

姫松高校。 末原恭子の誕生日について。

まだかな。。。まだかな。。。はやく見たいな、みんなが揃ってるところ。どこに貼ろうかな。。。。。。そんなわけで立先生のHPにて発表された、各キャラクターの身長および誕生日。こまい。姫松こまい。思った以上に小まいですね。140台が三人も居たなんて。恭子さんと… 続きを読む

生み出された少女と、咲120局。

ほら、、、だって、生み出したなんて言葉使うからさ。。。そんなわけで120局。外連味の効いたイケてる演出で明華ちゃん登場。かっこいい。ソフィア・アンティポリスという、フランスのシリコンバレーが生んだ「風神」薬学生化学研究機関という、、、ね。こわいこわい。そ… 続きを読む

北の岩手は宮守女子。 冬の装い。

そんなわけで、彼女たちの冬の私服を勝手に想像しよう。というやつ。今回は宮守女子。いいですね、宮守女子。ああ、宮守。彼女達のイメージには常に冬が付きまといますから、考えるのが楽しいです。そして、前回の姫松の感じからして、都市に近づけば近づくほど服装がラフに… 続きを読む

姫松高校と冬支度。 メンバー秋~冬の装い。

そんなわけで、姫松高校、、彼女たちの冬の私服を勝手に想像するの巻。それでは愛宕洋榎さんから。。。洋榎おねえちゃん。かなりシンプルにまとめてくるはず。しかしダウンはつやつやしないしっとりとした肌触りのものをチョイスするなど、素材にこだわりを持つタイプ、、、… 続きを読む

閑無かわいいシノハユ3話。

シノハユ3話。はあーーー。カンナちゃんかわいいんじゃー。万華鏡や、カンナちゃん表情の万華鏡やー。でももっとつっかかってきて欲しいんじゃーー。・・・。咲作品はどれも3話使… 続きを読む

戒能良子、ちょい昔話。 ~姉帯村の巻~

1,23,45.67,8ちょっと気がかりな事がありまして描きました。なにか気になるところありましたら気軽にお申し付けください。。。本音であれ建前であれ、悪口であれ善い口… 続きを読む

岸の姫松。 住吉大社に伝わる半世紀に一度の奇祭「鯨祭」と彼女達。

姫松高校のモデルの地区として大阪は堺、住吉区、いうのが挙げられています。そこに構える住吉大社では底筒男命 、中筒男命、表筒男命という、イザナギが根堅州国から帰る際穢れを落とした川から生まれたといわれる神様を信仰されているそうで、それにあやかり姫松高校のメン… 続きを読む

あぐりイズムの最北端。埼玉代表、越谷女子。

五十嵐あぐり先生の絵、あぐり先生の漫画から醸されるある種のいなたさが、時に否定的にみられがちなのは否めません。それが萌え漫画であろうとするなら、なおさら。そしてそのいなたさがアニメ化の際、そぎ落とされていった部分であったなあと思います。でもそれはごく自然… 続きを読む

11月13日。 竹井久ちょい昔話。

1,23,45,67,89,1011,12サブキャラをいいことに好き勝手しました。。寺平さんを思うように好き勝手弄くりまわしました。そんな、、感じで。今日は。ひさたんい… 続きを読む

遥か昔に想いを馳せる、小鍛治健夜の11月7日。

今日は小鍛治さんのお誕生日です。喜ばしいことです。。土浦の制服は緑を基調としてて清楚でよろしいですね、、ちょっと、地味、、、過ぎるかしら。。。しかし小鍛治さんの可憐なお姿には、このくらい控えめなお召し物のほうがお似合いでございます。ご本人の放つ華のお邪魔… 続きを読む

咲119局。 徐々に詰められていくデザイン。

さて、119局。。。。(ネタバレ注意です)臨海の中堅は明華さんできまりました。有珠山は決定ではありませんが、これで中堅の面子は部長、お姉ちゃん、明華、ゆあんということになるでしょうか。。「風神」、世界ランカーと謳われる明華さんの闘牌が気になります。しかし… 続きを読む

荒川憩。 ヒトにして頂点を狙う者。

北大阪は三箇牧高校2年、荒川憩。個人戦にて現役女子高生雀士ナンバー2の実力を持ち、それでいて人当たり作中ナンバー1の人格者。つまり完全無欠、最強のキャラクターであります。かわいい。この憩の重要なフレーズに、「チャンピオンはヒトじゃない」という、ナンバー1… 続きを読む

シノハユ、第2話。  そして、宮永咲と読書の日。(フライング)

咲さんおめでとーー。寒そうですまん。でも、、、仕方ないね。シノハユ2話。昔の話を語るっていうからには、その表現方法も古典的な手段で語られるべき、ということなのでしょうか。。なんだかとっても懐かしい手触りが作品から伝わってきて、、いいですね。。ぐびぐび読め… 続きを読む

2回戦の子供達。  全国編アニメ化に向けて、雑感。

(先鋒組。おもちとタコス)今更ですが、、咲全国編、1月から開始との告知がございました。。楽しみですね。しかし早いです。もともと四月予定だと聞いておりました。この早期変更にはどんな意図があるんでしょうね。。どこまでやるのだろう・・・というのがもっぱら気にな… 続きを読む

麻雀のプロ 雑感。  戦いで飯を食うということ、その人達。

咲の名脇役。それは麻雀プロ。出番こそは少ないですが、その存在感は大きい。超高校性級の魑魅魍魎達が大立ち回りを演じる今大会で、その出頭を抑えるブレーキ役として効いています。これがたかが学生の大会であるということを、、世界の広さを感じられますし、そしてそれに… 続きを読む

118局。 ディフェンスに定評のある真瀬由子。

次鋒戦終了ーーーーー真瀬・・・ッ!さすが真瀬。負けるな真瀬。決勝も頼んだぞ真瀬。。。さあ次はお姉ちゃんの出番やでーー。行くでいくでーー。
続きを読む

愛宕家ちょい昔話。  愛宕洋榎16才の秋。 

「絹と麻雀」123台風凄いですね。。
続きを読む

愛宕姉妹古今東西。 ずっと姉妹のターン。

前回、絹の遍歴を辿ってみましたが、やはり要は中学時代。ふたりはどんな所に通いどんな生活を営んでいたのでしょうか。。。・・・阿倍野地区学校多すぎ!自宅もわかってないのに無茶ですね。せめて制服どんなだった?を検証します。というか丸写しです。参考は、咲10巻の… 続きを読む

愛宕絹恵と一族の視力問題。 なぜ彼女は麻雀界へ足を踏み入れたのか。

という問題提起で、謎の経歴を持つ女、愛宕絹恵の人となりを一刀両断してしまおうという企画。正直まだまだ本編で色々とエピソードが出てきそうなので深くは潜れませんでしたが、一体彼女から何が出てきそうなのかを検討してみましょうという。。。彼女は中学時代、サッカー… 続きを読む

染谷まこの不遇。そんなことあってはならなかった、117局。

10月4日ということで、和さんおめ。そして117局。素晴らしいエピソードでした。いままでさんざん外見を罵詈されてきたまこさんのめがね着用の瞬間。こんなの用意されたらもう何も言うことはできない。。花が美しい。しかしながら、、これまでのまこさんの不遇っぷり。正直… 続きを読む

新道寺女子。 SとMとで紐解くパートナーのかたち。

福岡は新道寺女子。制服凄いですね。すごい好きです。はじめは今までの学校とは一線を画すデザインや着こなしに「なんじゃこりゃ」の印象が強かったんですが、だんだんとクセになります。特に実際描いてみると、腕のラインやネクタイ、いちいち決めが入って画面が締まります… 続きを読む

シノハユ。   彼女の行く末。   第1話。

慕とリチャードソン。二人の行く末は果たして。。立先生。。。これは。。。また大きな風呂敷広げてしまったんやないかしらん。。。
続きを読む

ホモ。                    ふたりの立ち位置。

福路美穂子さん誕生日おめでとーー。さて、、咲を語る上でどうしても避けては通れない、同性愛について少し触れさせてください。といっても作品内でそれと明記されているわけでは、ありません。。。多分。さりげなく匂わせている程度、、少し濃い目に匂わせている程度、でし… 続きを読む

松実宥。愛宕雅枝。藤白七実。  松実露子。

突然ですが、あるサイトのことを書かせて下さい。感想というかなんというか、、、感嘆というか、、、簡単に言うと打ちのめされたので書かせて下さい。M1,2,4,8,17,34,68様の日誌、日記系の記事なのですが。。。こんなの読んだ事無い。今のところ完結している記事としては、阿… 続きを読む

龍門渕高校麻雀部の9月行事。

龍門渕高校。去年のインターハイ、全員一年という異色の面子で準決勝まで破竹の勢いで勝ち進め、全国に天江衣の名を轟かせました。(届いてなかったのは地元長野だけ。)この子達のつながりの強さもまた、咲のハイライトのひとつでしょう。。麻雀によって人とのつながりを絶ってし… 続きを読む

ムームの笑い傷。

便宜上、姫松高校の皆さんを使わせていただきましたが、、咲とは特に関係ありません。。。すみません。。。(最近姫松描いてなかったのでたまらなくなったのです。。)mumの新譜のジャケットがべらぼうにかっこよかったのでつい描きなぐってしまった次第であります。。smilewou… 続きを読む

清澄高校。 咲と照の触れぬ事情。

長野代表、清澄高校。部員6人の弱小校ながら全国準決勝まで駒を進めてきた、言わずと知れた主役校であります。しかしですね、、それが主人公である咲さんにかかわらず、清澄って触りにくいんですよね。。主役校であるにもかかわらず、、いいや、主役校であるからこそなのか… 続きを読む

なんとなく片岡優希。なんとなく先鋒戦で背負う業。

片岡優希とかいう最古参のキャラクター。古参過ぎて、口癖を急遽追加されて世に送り出されたキャラクター。タコスとかいう謎の民族料理をよく食べていたり、とかいってタコとつく食べ物ならなんでもよかったり、かといってそれがうまく機能したこともなかったりと、なにかと… 続きを読む

天江衣の日、あと116局。

間に合ってよかった・・・。今日は衣の誕生日でしたね。ころたん。誕生日の透華の歌詞。全文も私は好きです。ここの一文が素敵ですね。それと衣と純くんのからみが見ていて好きです。日和での純君の垣間見せる女子感が私を引き付けます。ケーキのデコレーションでつい興奮し… 続きを読む

姫松は麻雀部之大所帯、東京へ遠征す。

来る8月2日。我が姫松高校麻雀部もインターハイへ向けいざ東京へ、国際フォーラムへカチ込みに参るわけであります。移動手段は、千里山と同じくバスでしょう。。(セーラの回想で、帰りに飛行機を使っていましたがあれはどうなんでしょう?個人戦に出るもののみ残ってそれ… 続きを読む

宮守、永水、赤い電車にのって。

前回なんやかんや御託を並べてみましたが、、、、そうは言ってもやっぱり水着回が見たい。立先生。夏、まだ間に合います。さて、大会期間中は両校とも東京近辺にお宿をとっているでしょうし、東京から日帰りで海水浴に行くなら何処になるでしょう?逗子や茅ヶ崎、三浦半島の… 続きを読む

宮守女子。

岩手代表、宮守女子。8月2日、いざ東京へ。宮守から新花巻、新幹線で上野、東京、、のべ13000円の旅路を経て目指すは優勝。好きです。宮守。学校単位で言えば、姫松に負けず劣らず好きです。この子等のほとばしる魅力はなんなんでしょう。やっぱりこう5人全員でごち… 続きを読む

神代小蒔  神境の姫の奥に眠る欲望と、六女仙の奉仕。

霧島神境の姫、神代小蒔。複数の神をその身に宿し、自らがその神の傀儡となり卓に着く巫女雀士である。人をして「ずっこや。つまらん麻雀や。ただの代打ちや。麻雀をやる意義がない、敗けて当然や。」なんて散々に言われて敗退していった永水女子の中心人物であります。この… 続きを読む

千里山と姫松。 特待生制度による各校の交錯と愛宕洋榎の進路について。

この咲世界の高校麻雀界隈にも、特待生制度というものが存在しています。スポーツ推薦といいますか、、より強い所でやりたい、もしくは確実にレギュラーが取れるところで活躍したいという選手の思惑と、部内のレベルアップを図りたい学校の思惑が一致してこの制度は行われま… 続きを読む

姫松メンバー、海へ行く。

としたら、レギュラー陣はどんな水着をチョイスしてくるのでしょうか。。。スクール水着が一番わかりやすいしありがたいのですが、さすがにそこは花の女子高生です。ショップに行くところからが海水浴ですし。。先鋒上重は、、おそらく自分の体にコンプレックスを持っている… 続きを読む

姫松高校、プロポーションの屋台骨を支える2人の女。

姫松に高くそびえる山脈は、低い平野で活動する選手達にも安定した打牌と、豪快なプレイングをもたらしてくれます。姫松高校2年、愛宕絹恵と上重漫。圧倒的な存在感を放つふたりですが、3年生中心の姫松チームにおいて、同級生同士のこの2人の間柄はよく読み取れません。… 続きを読む

姫松高校 上級生3人の関係、姫松の屋台骨を支える真瀬という女。

咲の世界って、強豪校なのに強豪校らしくないところ結構あります。レギュラー同士がやけに仲良いんです。 なんと言いますか、もともと一蓮托生な関系が結果同じレギュラーの座についているような、、そんな感じ。清澄鶴賀、そして宮守のような弱小校とは違いインターハイ常… 続きを読む

末原さんって美容院でなんていって切ってもらってるの?

姫松高校3年末原さんはおしゃれさんです。しかも明確に、おしゃれすることに対して意識のある人です。化粧ポーチを持ち歩き、爪はきれいに手入れされて、口紅は人のでこに落書きができるほど使いこなれています。こういったおしゃれ意識高い女子描写は咲の中では希少です。… 続きを読む

姫松高校 制服の着こなし

身長は完全に主観です。実際は絹ちゃん以外はだんごだと思います。10巻裏表紙の見るかぎり、むしろ漫の方が末原より大きい。。?末原のスパッツはスルーして、今回特に気なるのはリボンタイです。ぱっと見で4種類存在しています。絹がしてる細いタイプ。ゆーこの大型リボ… 続きを読む

永水、宮守、海へ行く。

立先生。夏が終わってしまう前に、、はやく。。。帽子を交換しました。それと豊音には夏服を着てもらって。。。さすがに今年のこの猛暑の中であの格好されてたら、見ただけで熱中症… 続きを読む

姫松高校 私服雑感。

姫松高校3年、愛宕洋榎さんの私服は、手元にある資料でわかるだけで2種類ありました。その中で咲第88局の扉絵を参考にしました。一見やかましいがさつな印象の残る洋榎さん。ssでもジャージかなんかでデートに出掛けるなんて話も読んだことありますが、、ですがこうし… 続きを読む

愛宕姉妹。

咲日和1巻112Pでのお姉ちゃん。とってもよいです。実際並べてみるとおもち以外にもどれだけ体格差があるのか、同じ部屋着を着せて描いてみました。描いてみました。。。さすがに絹ちゃんを全体的に盛りすぎたかもしれませんが、、。まあ、こんな感じでしょう。咲世界中… 続きを読む

姫松 髪型雑感

咲の例に漏れず姫松高校でもなかなか奇抜な髪型を有する生徒がいますね。そんな生徒2名の髪型についてすこし描いてみました。愛宕の血とも呼ぶべき髪の跳ね、洋榎さんにもあるんですかね。。見た感じそうとうくせっ毛ですので(カニ)、それを隠すために彼女は髪を結ってい… 続きを読む

愛宕洋榎ちゃん

初登場時のギラギラした洋榎さん好き。竹井部長への「なんじゃ何見とんのや」が聞こえてきそうな顔がたまりません。今は部長としての自覚をもって落ち着いてきてはいるのでしょうが、きっと一二年時はもっとがつがつした闘牌(投牌)を見せていたんじゃないでしょうか。そん… 続きを読む