月別アーカイブ: 2016年6月

咲-Saki-第161局 見える、見えるよ

咲-Saki-第161局の感想。 続きを読む

咲-Saki-第161局「戦友」

さて、5位決定戦始まりの時が来た。

その前にりつべHPの話から。
前の更新の時にも急いでいるのがありありと分かっていたが、今回はトーンが1ページ間に合わなかったのと雑なペン入れのページがあるぐらいに収まったとか。
休載を挟んでカラーという話も。

あとは次のビッ… 続きを読む

咲-Saki-第161局[戦友]の感想

咲-Saki-第161局[戦友]を読みました。 決勝戦に先立って、5位決定戦が始 …

Copyright © 2016 にゅいのって All Rights Reserved.

続きを読む

「咲-Saki-」第161局[戦友]、5決先鋒戦が素敵にすばらに開始やで

ヤングガンガンNo.13(2016.7.1)が2016年6月17日に発売しています。

ヤングガンガン 2016年 7/1 号 [雑誌]posted with amazlet at 16.06.16スクウェア・エニックス (2016-06-17)Amazon.co.jpで詳細を見る

【過去記事】「麻雀漫画(咲-Saki-)」というカテゴリーをご覧… 続きを読む

ダブリーか…こんなん当たったら事故やわ / 咲-Saki- 第161局「戦友」感想

  前の160話は、このブログ的に書くことがなかったのでお休み。(能力的に、闘牌分析とシナリオ構図分析くらいしかできないとも言う……) と言うか、5位決定戦普通に本誌でやる… 続きを読む

京太郎「麻雀講座を受けに行こう」 咲「ぐれーとだよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:04:52.85 ID:t9752ePo0 咲「あれ、京ちゃん一人?」 京太郎「おぉ咲か。お前こそ一人かよ、せっかくの修学旅行だってのに。     まあお前友達少ないもんな。自由行動時間はつらいよな……」 咲「ちがうよ! 私の趣味に友達をつき合わせるのは悪いから一人で行こうと思っただけだよ」 京太郎「趣味って?」 咲「あ 続きを読む

京太郎「麻雀講座を受けに行こう」 咲「ぐれーとだよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:04:52.85 ID:t9752ePo0 咲「あれ、京ちゃん一人?」 京太郎「おぉ咲か。お前こそ一人かよ、せっかくの修学旅行だってのに。     まあお前友達少ないもんな。自由行動時間はつらいよな……」 咲「ちがうよ! 私の趣味に友達をつき合わせるのは悪いから一人で行こうと思っただけだよ」 京太郎「趣味って?」 咲「あ 続きを読む

京太郎「麻雀講座を受けに行こう」 咲「ぐれーとだよ」

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466075092/1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:04:52.85 ID:t9752ePo0

咲「あれ、京ちゃん一人?」 京太郎「おぉ咲か。お前こそ一人かよ、せっかくの修学旅… 続きを読む

【咲-Saki-】優希「バトルランナー?」

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465712279/1 : ◆MnG8QYFW2g 2016/06/12(日) 15:18:00.14 ID:x4JZlhlE0

ここは清澄高校麻雀部の部室。いつものメンバーで打っていた 優希「ローン!18000だじぇ!!」 京太郎「ぎゃー!飛… 続きを読む

智葉「私立先鋒学院高校麻雀部」

転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1465045109/1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/04(土) 21:58:29 ID:vdk4XXbk

高校一年生 4月智葉「……で、ここが麻雀部の部室か」黒服A「はい」智葉「しかし何考えてんだうちの親は……。… 続きを読む

【SSS】憩 -Kei- 個人戦第13話『圧倒』

智葉「おつかれさん」

憩「わーぁ、智葉さん、ウチのこと待っててくれたんですかー?」

智葉「さすがだな。本当にあの福路さんを1回戦で蹴落とすとは、やろうとしてもなかなかできるものではない」

憩「運が良かったですよーぅ」

智葉「運が良かったのは認めるが、多少の運でぐらつくような人じゃないだろう、福路さんは」

憩「ま、てるるんに勝つには圧倒的大差でみぽりんを倒さないといけませんでしたからねー。それに、あの卓に入ればウチやなくて智葉さんだって、同じこと考えるでしょ?」

智葉「否定はしない。だが、同じことをやれと言われてできるかどうかは別物だ」

憩「できますよ、智葉さんなら」

智葉「……」

憩「……」

智葉「お前は本心で言うから本当に恐ろしい奴だな」

憩「いやー、それほどでもー」テレッ

智葉「褒めてない。まったく──それで、次の試合はどう見る?」

憩「両方とも前半戦がちょうど終わったとこやけど、予想外の人たちが勝ち抜け確定してますねー」

智葉「末原は妥当だと思うが?」

憩「んー、のどっちが相手の分析が終わらなかったせいで末原さんが生き延びましたけど、今ののどっちが本気だしたらあの中でかなう人はいないでしょーね」

智葉「お前の中では原村和は相当高く評価されているようだな」

憩「団体戦の決勝を見ればそうなるでしょー」

智葉「もう片方はどうだ?」

憩「そりゃやえさんが後半トップで決まりです」

智葉「信頼しているのだな」

憩「それはもう。ウチが5戦して5勝できないって思う人は片手で数えるくらいしかおらへんもん」

智葉「試みに聞いても?」

憩「てるるん、智葉さん、やえさん、とっきー、あとはひさりんあたりですかね」

智葉「福路さんは……まあ今の結果を見れば勝てないとは思わんか」

憩「正直、思いませんね。あと、同学年以下には絶対に負けません」

智葉「小走やえか。正直、そこまで強いとは思わないが」

憩「そうですね。強くはないです。ただ、尋常じゃないくらい、上手いんですよ」

智葉「ほう……それはぜひ、手合せしてみたいところだな」

憩「おそろしいくらいに『斬れない』と思いますよ。ウチみたいに見えてるわけでもないのに、ほとんど見えてるのと同じくらい演算してますもん」

智葉「その小走やえが、どうやら後半戦1局目から走り始めたようだぞ」

やえ『ツモ。1300-2600』

憩「弱冠小走りですけどね」ドヤァ

智葉「関西人というものはどんな場合でも面白いことを言うのかと思っていたぞ」

憩「そりゃ偏見ですよーぅ!」

やえ『ロン。7700』

智葉「勝ち抜けの依藤に直撃か。あれは油断だな」

憩「すーみんはもーちゃん先輩ほど安定してませんから」

智葉「予選最終戦といい、先ほどの対局といい、ずいぶん気合が入っているように見えたのだがな」

憩「あれが安定するようになったら、同学年の中では頭1つ抜けると思いますよーぅ。ウチにころたん、姫さんが3強になるのは間違いないとして、4番手が拮抗するでしょうし」

智葉「お、その小走の表情が変わったぞ」

憩「さわやんが仕掛けましたねー。何をしてるのかは……ぅゎぁ」

智葉「清一色テンパイしておいて、相手に危険色を押し付ける能力……ということか?」

憩「3回連続で萬子。でもやえさんさすがですねー、全部危険牌とみて全部取り込んでます。あれは流す体勢ですね」

やえ・澄子『ノーテン』

透華・爽『テンパイ』

智葉「……そして、その獅子原に触発されて目覚めたな。あの冷たい悪魔が」

憩「その悪魔を予選で真っ二つにしてきたのはどこの誰でしたっけー?」

智葉「実に斬りごたえがあった。あれはなかなか強いぞ」

憩「んー、あの人はウチの1年が相手したんやけど、刻子と順子を合わせて『3組まで』しか与えない他者制限タイプやろ」

智葉「そのようだな。七対子か国士無双でなら崩せるわけだが」

憩「まー、狙って国士は無理やから、現実的には七対子やろね」

やえ『ロン。6700』

憩「チートイドラ2。演算通りってとこやろか」リューモンサンニチョクゲキトカ

智葉「うちのメグでもあの状態の龍門渕は止められなかったのに、たいしたものだな」

憩「だからやえさんは強いんですってばー」

智葉「お前の目で見て、私と小走とではどちらが強い?」

憩「客観的には智葉さん、主観的にはやえさんですね」

智葉「なるほどな。お前にとって苦手な相手ということか」

憩「やえさんと戦ったとしたら、智葉さんなら多分10回やって9回か10回は勝てると思います」

憩「でも、ウチなら10回やって5回勝てるかどうか、ってとこでしょーね」

智葉「相性の悪さか」

憩「ウチの能力なんて自分の失点を防ぐ程度のものですからね。やえさんはウチから直撃取らんでも、残りの2家から荒稼ぎしていけばウチより点数を稼ぐことは可能やと思います」

智葉「私からしてみれば、お前が宮永以外の誰かに負けることなど想像もつかないが」

憩「やえさんは本当に、特別の例外っちゅーことですよ」

第3試合後半戦南1局

東・爽:23900
南・澄子:14500
西・やえ:43100
北・透華:18500

やえ(やはり龍門渕透華はこの状態になってくれた方が稼ぎやすいな。ひたすら対子を集めて七対子を作る。作戦が決まればあとは実行するだけだ)タンッ

透華「 」タンッ

爽(まずいな。後半戦で1位を取らないと勝抜けが難しいのに)タンッ

澄子(鳴くこともできず、鳴かせることもできない川、か。小走先輩はよくこんな状況で直撃できますね……)タンッ

やえ(獅子原爽とは2万弱、龍門渕透華とは2万5千弱。能力のない私にとって、まだセーフティリードとはいえないな。それにラス親は龍門渕透華だ。万が一のことを考えて、多めに稼いでおきたいし、可能ならその前に誰かをトバして終わりたい)タンッ

透華「 」タンッ

爽(ここだ──ホヤウ!)タンッ

澄子(何か、有珠山の様子が変わった)タンッ

やえ(おっと、ここでまた別の能力か。本当に北海道のカムイとやら、何柱連れてきているのやら。あの危険牌で龍門渕が和了らないということは、敵の干渉から身を守る、といった能力だろうか)タンッ

透華「 」タンッ

爽(これでテンパイ、っと)タンッ

澄子(危険な感じがする……)タンッ

やえ(親番か。何とか流すことができればいいのだが)タンッ

透華「 」タンッ

爽「ツモ! 4000オール!」パララッ

やえ(能力持ちってやつは……)チャラ

澄子(まあ、私がここで飛んでも勝ち抜けはほぼ確定──あれ、でも、前半戦の結果がこうだから……)チャラ

爽「1本場」

後半戦南1局1本場

東・爽:35900
南・澄子:10500
西・やえ:39100
北・透華:14500

衣「あの者たちはたいしたものだな。『あの』とーかが完全に封じ込まれている」

一「まさか透華が1回戦負けなんてこと……」

智紀「これがインターハイの個人戦TOP32の実力」

純「それにしてもあいつ、全然目立ってねえな。これで本当に負けでもしたらあいつしばらく立ち直れないんじゃねえのか」

透華『ツモ。3000-6000』

智紀一純(((そして相変わらず自分が和了るときは余計に目立ってない……)))

後半戦南2局

東・澄子:7500
南・やえ:36100
西・透華:26500
北・爽:29900

やえ(まったく、能力持ちってやつは、こちらがどれだけ演算を繰り返しても、ほんのちょっとの力でそれを軽く上回ってくる)タンッ

やえ(たまには普通の麻雀がやりたいよ……まあ、能力を持たない選手だけで闘ったら私が圧勝してしまうのは目に見えているが。白糸台の原村和ならちょうどいい対抗馬になるかな)タンッ

やえ(獅子原爽……)

やえ(お前、まだ手の内を隠しているな。あと何柱残っているのかは知らんが)

やえ(能力戦の基本──お前は知らんだろうから、教えておいてやろう。初出場の、ぽっと出のやつに負けるなんていうことは、百戦錬磨の私にとってはありえないことだからな)タンッ

透華「 」タンッ

爽(よし、テンパイ……!)

爽手牌:12233778899發發 ドラ:5

爽(りゅーもんさんは順子をそろえさせてくれないっていうことだったけど、二盃口だとうまくいくんだなあ……七対子の形になっているとりゅーもんさんは見逃しちゃうってことかな)

爽(もちろん立直をしようものならすぐに直撃を受ける。ここは黙ってテンパイを維持。ホンイツリャンペーなら跳満確定だからね)

爽(ここで雲を使う──劔谷を落として1位になれば、文句なしの2回戦進出だ!)タンッ

澄子(ここで1索か。怪しいところを引いた)

澄子(3家ともテンパイしている気がする。もし私がここでハコ割れしたら収支マイナス。小走先輩が2位で、獅子原先輩が1位だとしたら2回戦に行けない可能性もある)

澄子(そして獅子原先輩は他家に自分の待ちを握らせることができる能力の持ち主らしい。この1索は封印しておかないと。とりあえず1枚切れてる白で──)タンッ

やえ「ポン」

爽澄子((え))

やえ「……どうした、2人とも。ハトが豆鉄砲食ったような顔をして」

爽「いや、この状態のりゅーもんさんの場って、鳴けないんじゃなかったっけと思って」

やえ「それができるんだな。この方法ならば」

澄子(そう。私はこの白が3人には通ると思って捨てた。なぜなら、この白は3巡前に──)

憩「刻子崩し。刻子と順子が3組までしか作れないのなら、一度作った刻子を崩せばそれ以外で3組できる。で、あとは4枚目の白を誰かが投げてくれるのを待って、鳴いてテンパイ。当然白は4枚目だからやえさんが鳴いてもりゅーもんさんは止めようがない」コクシナラデキルヤロケド

智葉「知っててもそれができるかどうかとなると相当難しいだろ」

憩「でもやえさんはそれができるんですよ。ウチじゃ絶対にできません。あれはやえさんが何年も、指にタコができなくなるくらい、打って打って打ちまくって身に着けた技術の結晶ですからね」

やえ『ツモ。白、三色ドラ2、2000-3900』パララッ

憩「で、最後は単騎待ち。対子を作るまでに制限が入らないのは今までの対局から証明済み。見事なまでに計算しつくされた対局です」

智葉「なるほどな。あいつにしてみれば私やお前ですら丸裸にされそうだ」

憩「丸裸だなんて、智葉さんやーらしーい」

智葉「殺すぞ」ギラリ

憩「冗談ですよーぅ」ヒヤアセ

後半戦南2局

東・やえ:44000
南・透華:24500
西・爽:27900
北・澄子:3600

爽(こ、この人マジ強いんですけど……私の雲と、りゅーもんさんの鳴き封じが完全に突破された……)タンッ

澄子(前半戦で獅子原先輩とつけた差が27点。後半戦の現状の得点差が24点。この点差を維持できれば2回戦進出……)タンッ

爽(ザンクでいい。直撃とって飛ばせば私が2回戦に行ける!)タンッ

澄子(絶対に振り込まない!)タンッ

誓子「爽、いけーっ!」

揺杏「負けんな、爽!」

成香「がんばってください、爽先輩!」

美幸「澄子ちゃん……!」

梢「がんばって」

莉子「依藤先輩……!」

一「透華、負けるな!」

智紀「……ここで負けたら許さない」

純「たまには目立ってみせろってんだ!」

衣「とーか。このまま引き下がっては龍門渕の名が泣くぞ。ここで巻き返してみせよ!」

やえ「──悪いが、王者として、収支1位を譲ることはできんよ」パララッ

やえ「ツモ。6000オール。試合終了だ」

やえ手牌:↓↓()ЛЛ東東西西北 ドラ:3 ツモ:北

後半戦結果

やえ:62000
爽:21900
透華:18500
澄子:-2400

得点収支

やえ:+1+52=+53
澄子:+27-32=-5
爽:0-8=-8
透華:-28-11=-39

恒子『1回戦第3試合しゅうーりょーぅっ! 最後は龍門渕選手の弱点ともいえる七対子にホンイツ、ドラツモを加えて7飜ツモの王者、小走やえが一人浮きの圧倒的勝利っ! そして2回戦進出は、3点差で前半戦のリードを守りきった伝統校劔谷の依藤澄子選手だーっ!」

健夜『小走選手の強さが光りましたね。獅子原選手、依藤選手、龍門渕選手はそれぞれに特色のある能力の持ち主でしたが、小走選手はまったく能力なしで3人を圧倒しました。麻雀を真に鍛えるとはこういうことを言うのだと思います』

恒子『いつも辛口の小鍛治プロも大絶賛だー!』

健夜『そ、そんなに辛口じゃないよ!』

智葉「最後は獅子原に能力を使わせずに勝ったか。確かに上手いな」

憩「あーあー、厄介な人が上がって来はりましたねー」

智葉「嬉しそうだぞ、荒川」

憩「まー、好きな人が上がってくれた方が嬉しいに決まってますよーぅ。でも厄介なのも本当ですよ?」

智葉「そうだな。確かにお前とは相性が悪いかもしれん。あれは能力を真っ向否定する原村和とは対局の存在だ。相手がどんな能力を持っていたとしても、それを技術と演算だけで攻略する。能力を封じて期待値勝負に持ち込む原村とも全く別のスタイルだな」

憩「だから智葉さんとは相性悪いはずですよー。智葉さんは能力持ってないですもん」

智葉「対戦するのが楽しみだな。まあ、何より楽しい奴が最後に控えているわけだが」

憩「お互い、あのツノとは決勝までやりたくないですねー」

智葉「だとしたら準決勝は宮永を除いて、私とお前がやるということになるが……?」

憩「そのときは2人で決勝行くの確定やないですか」

智葉「……本当に、私はお前が好きだよ、荒川」

憩「ウチも智葉さんが大好きですよーぅ」

続きを読む

【SSS】憩 -Kei- 個人戦第13話『圧倒』

智葉「おつかれさん」

憩「わーぁ、智葉さん、ウチのこと待っててくれたんですかー?」

智葉「さすがだな。本当にあの福路さんを1回戦で蹴落とすとは、やろうとしてもなかなかできるものではない」

憩「運が良かったですよーぅ」

智葉「運が良かったのは認めるが、多少の運でぐらつくような人じゃないだろう、福路さんは」

憩「ま、てるるんに勝つには圧倒的大差でみぽりんを倒さないといけませんでしたからねー。それに、あの卓に入ればウチやなくて智葉さんだって、同じこと考えるでしょ?」

智葉「否定はしない。だが、同じことをやれと言われてできるかどうかは別物だ」

憩「できますよ、智葉さんなら」

智葉「……」

憩「……」

智葉「お前は本心で言うから本当に恐ろしい奴だな」

憩「いやー、それほどでもー」テレッ

智葉「褒めてない。まったく──それで、次の試合はどう見る?」

憩「両方とも前半戦がちょうど終わったとこやけど、予想外の人たちが勝ち抜け確定してますねー」

智葉「末原は妥当だと思うが?」

憩「んー、のどっちが相手の分析が終わらなかったせいで末原さんが生き延びましたけど、今ののどっちが本気だしたらあの中でかなう人はいないでしょーね」

智葉「お前の中では原村和は相当高く評価されているようだな」

憩「団体戦の決勝を見ればそうなるでしょー」

智葉「もう片方はどうだ?」

憩「そりゃやえさんが後半トップで決まりです」

智葉「信頼しているのだな」

憩「それはもう。ウチが5戦して5勝できないって思う人は片手で数えるくらいしかおらへんもん」

智葉「試みに聞いても?」

憩「てるるん、智葉さん、やえさん、とっきー、あとはひさりんあたりですかね」

智葉「福路さんは……まあ今の結果を見れば勝てないとは思わんか」

憩「正直、思いませんね。あと、同学年以下には絶対に負けません」

智葉「小走やえか。正直、そこまで強いとは思わないが」

憩「そうですね。強くはないです。ただ、尋常じゃないくらい、上手いんですよ」

智葉「ほう……それはぜひ、手合せしてみたいところだな」

憩「おそろしいくらいに『斬れない』と思いますよ。ウチみたいに見えてるわけでもないのに、ほとんど見えてるのと同じくらい演算してますもん」

智葉「その小走やえが、どうやら後半戦1局目から走り始めたようだぞ」

やえ『ツモ。1300-2600』

憩「弱冠小走りですけどね」ドヤァ

智葉「関西人というものはどんな場合でも面白いことを言うのかと思っていたぞ」

憩「そりゃ偏見ですよーぅ!」

やえ『ロン。7700』

智葉「勝ち抜けの依藤に直撃か。あれは油断だな」

憩「すーみんはもーちゃん先輩ほど安定してませんから」

智葉「予選最終戦といい、先ほどの対局といい、ずいぶん気合が入っているように見えたのだがな」

憩「あれが安定するようになったら、同学年の中では頭1つ抜けると思いますよーぅ。ウチにころたん、姫さんが3強になるのは間違いないとして、4番手が拮抗するでしょうし」

智葉「お、その小走の表情が変わったぞ」

憩「さわやんが仕掛けましたねー。何をしてるのかは……ぅゎぁ」

智葉「清一色テンパイしておいて、相手に危険色を押し付ける能力……ということか?」

憩「3回連続で萬子。でもやえさんさすがですねー、全部危険牌とみて全部取り込んでます。あれは流す体勢ですね」

やえ・澄子『ノーテン』

透華・爽『テンパイ』

智葉「……そして、その獅子原に触発されて目覚めたな。あの冷たい悪魔が」

憩「その悪魔を予選で真っ二つにしてきたのはどこの誰でしたっけー?」

智葉「実に斬りごたえがあった。あれはなかなか強いぞ」

憩「んー、あの人はウチの1年が相手したんやけど、刻子と順子を合わせて『3組まで』しか与えない他者制限タイプやろ」

智葉「そのようだな。七対子か国士無双でなら崩せるわけだが」

憩「まー、狙って国士は無理やから、現実的には七対子やろね」

やえ『ロン。6700』

憩「チートイドラ2。演算通りってとこやろか」リューモンサンニチョクゲキトカ

智葉「うちのメグでもあの状態の龍門渕は止められなかったのに、たいしたものだな」

憩「だからやえさんは強いんですってばー」

智葉「お前の目で見て、私と小走とではどちらが強い?」

憩「客観的には智葉さん、主観的にはやえさんですね」

智葉「なるほどな。お前にとって苦手な相手ということか」

憩「やえさんと戦ったとしたら、智葉さんなら多分10回やって9回か10回は勝てると思います」

憩「でも、ウチなら10回やって5回勝てるかどうか、ってとこでしょーね」

智葉「相性の悪さか」

憩「ウチの能力なんて自分の失点を防ぐ程度のものですからね。やえさんはウチから直撃取らんでも、残りの2家から荒稼ぎしていけばウチより点数を稼ぐことは可能やと思います」

智葉「私からしてみれば、お前が宮永以外の誰かに負けることなど想像もつかないが」

憩「やえさんは本当に、特別の例外っちゅーことですよ」

第3試合後半戦南1局

東・爽:23900
南・澄子:14500
西・やえ:43100
北・透華:18500

やえ(やはり龍門渕透華はこの状態になってくれた方が稼ぎやすいな。ひたすら対子を集めて七対子を作る。作戦が決まればあとは実行するだけだ)タンッ

透華「 」タンッ

爽(まずいな。後半戦で1位を取らないと勝抜けが難しいのに)タンッ

澄子(鳴くこともできず、鳴かせることもできない川、か。小走先輩はよくこんな状況で直撃できますね……)タンッ

やえ(獅子原爽とは2万弱、龍門渕透華とは2万5千弱。能力のない私にとって、まだセーフティリードとはいえないな。それにラス親は龍門渕透華だ。万が一のことを考えて、多めに稼いでおきたいし、可能ならその前に誰かをトバして終わりたい)タンッ

透華「 」タンッ

爽(ここだ──ホヤウ!)タンッ

澄子(何か、有珠山の様子が変わった)タンッ

やえ(おっと、ここでまた別の能力か。本当に北海道のカムイとやら、何柱連れてきているのやら。あの危険牌で龍門渕が和了らないということは、敵の干渉から身を守る、といった能力だろうか)タンッ

透華「 」タンッ

爽(これでテンパイ、っと)タンッ

澄子(危険な感じがする……)タンッ

やえ(親番か。何とか流すことができればいいのだが)タンッ

透華「 」タンッ

爽「ツモ! 4000オール!」パララッ

やえ(能力持ちってやつは……)チャラ

澄子(まあ、私がここで飛んでも勝ち抜けはほぼ確定──あれ、でも、前半戦の結果がこうだから……)チャラ

爽「1本場」

後半戦南1局1本場

東・爽:35900
南・澄子:10500
西・やえ:39100
北・透華:14500

衣「あの者たちはたいしたものだな。『あの』とーかが完全に封じ込まれている」

一「まさか透華が1回戦負けなんてこと……」

智紀「これがインターハイの個人戦TOP32の実力」

純「それにしてもあいつ、全然目立ってねえな。これで本当に負けでもしたらあいつしばらく立ち直れないんじゃねえのか」

透華『ツモ。3000-6000』

智紀一純(((そして相変わらず自分が和了るときは余計に目立ってない……)))

後半戦南2局

東・澄子:7500
南・やえ:36100
西・透華:26500
北・爽:29900

やえ(まったく、能力持ちってやつは、こちらがどれだけ演算を繰り返しても、ほんのちょっとの力でそれを軽く上回ってくる)タンッ

やえ(たまには普通の麻雀がやりたいよ……まあ、能力を持たない選手だけで闘ったら私が圧勝してしまうのは目に見えているが。白糸台の原村和ならちょうどいい対抗馬になるかな)タンッ

やえ(獅子原爽……)

やえ(お前、まだ手の内を隠しているな。あと何柱残っているのかは知らんが)

やえ(能力戦の基本──お前は知らんだろうから、教えておいてやろう。初出場の、ぽっと出のやつに負けるなんていうことは、百戦錬磨の私にとってはありえないことだからな)タンッ

透華「 」タンッ

爽(よし、テンパイ……!)

爽手牌:12233778899發發 ドラ:5

爽(りゅーもんさんは順子をそろえさせてくれないっていうことだったけど、二盃口だとうまくいくんだなあ……七対子の形になっているとりゅーもんさんは見逃しちゃうってことかな)

爽(もちろん立直をしようものならすぐに直撃を受ける。ここは黙ってテンパイを維持。ホンイツリャンペーなら跳満確定だからね)

爽(ここで雲を使う──劔谷を落として1位になれば、文句なしの2回戦進出だ!)タンッ

澄子(ここで1索か。怪しいところを引いた)

澄子(3家ともテンパイしている気がする。もし私がここでハコ割れしたら収支マイナス。小走先輩が2位で、獅子原先輩が1位だとしたら2回戦に行けない可能性もある)

澄子(そして獅子原先輩は他家に自分の待ちを握らせることができる能力の持ち主らしい。この1索は封印しておかないと。とりあえず1枚切れてる白で──)タンッ

やえ「ポン」

爽澄子((え))

やえ「……どうした、2人とも。ハトが豆鉄砲食ったような顔をして」

爽「いや、この状態のりゅーもんさんの場って、鳴けないんじゃなかったっけと思って」

やえ「それができるんだな。この方法ならば」

澄子(そう。私はこの白が3人には通ると思って捨てた。なぜなら、この白は3巡前に──)

憩「刻子崩し。刻子と順子が3組までしか作れないのなら、一度作った刻子を崩せばそれ以外で3組できる。で、あとは4枚目の白を誰かが投げてくれるのを待って、鳴いてテンパイ。当然白は4枚目だからやえさんが鳴いてもりゅーもんさんは止めようがない」コクシナラデキルヤロケド

智葉「知っててもそれができるかどうかとなると相当難しいだろ」

憩「でもやえさんはそれができるんですよ。ウチじゃ絶対にできません。あれはやえさんが何年も、指にタコができなくなるくらい、打って打って打ちまくって身に着けた技術の結晶ですからね」

やえ『ツモ。白、三色ドラ2、2000-3900』パララッ

憩「で、最後は単騎待ち。対子を作るまでに制限が入らないのは今までの対局から証明済み。見事なまでに計算しつくされた対局です」

智葉「なるほどな。あいつにしてみれば私やお前ですら丸裸にされそうだ」

憩「丸裸だなんて、智葉さんやーらしーい」

智葉「殺すぞ」ギラリ

憩「冗談ですよーぅ」ヒヤアセ

後半戦南2局

東・やえ:44000
南・透華:24500
西・爽:27900
北・澄子:3600

爽(こ、この人マジ強いんですけど……私の雲と、りゅーもんさんの鳴き封じが完全に突破された……)タンッ

澄子(前半戦で獅子原先輩とつけた差が27点。後半戦の現状の得点差が24点。この点差を維持できれば2回戦進出……)タンッ

爽(ザンクでいい。直撃とって飛ばせば私が2回戦に行ける!)タンッ

澄子(絶対に振り込まない!)タンッ

誓子「爽、いけーっ!」

揺杏「負けんな、爽!」

成香「がんばってください、爽先輩!」

美幸「澄子ちゃん……!」

梢「がんばって」

莉子「依藤先輩……!」

一「透華、負けるな!」

智紀「……ここで負けたら許さない」

純「たまには目立ってみせろってんだ!」

衣「とーか。このまま引き下がっては龍門渕の名が泣くぞ。ここで巻き返してみせよ!」

やえ「──悪いが、王者として、収支1位を譲ることはできんよ」パララッ

やえ「ツモ。6000オール。試合終了だ」

やえ手牌:↓↓()ЛЛ東東西西北 ドラ:3 ツモ:北

後半戦結果

やえ:62000
爽:21900
透華:18500
澄子:-2400

得点収支

やえ:+1+52=+53
澄子:+27-32=-5
爽:0-8=-8
透華:-28-11=-39

恒子『1回戦第3試合しゅうーりょーぅっ! 最後は龍門渕選手の弱点ともいえる七対子にホンイツ、ドラツモを加えて7飜ツモの王者、小走やえが一人浮きの圧倒的勝利っ! そして2回戦進出は、3点差で前半戦のリードを守りきった伝統校劔谷の依藤澄子選手だーっ!」

健夜『小走選手の強さが光りましたね。獅子原選手、依藤選手、龍門渕選手はそれぞれに特色のある能力の持ち主でしたが、小走選手はまったく能力なしで3人を圧倒しました。麻雀を真に鍛えるとはこういうことを言うのだと思います』

恒子『いつも辛口の小鍛治プロも大絶賛だー!』

健夜『そ、そんなに辛口じゃないよ!』

智葉「最後は獅子原に能力を使わせずに勝ったか。確かに上手いな」

憩「あーあー、厄介な人が上がって来はりましたねー」

智葉「嬉しそうだぞ、荒川」

憩「まー、好きな人が上がってくれた方が嬉しいに決まってますよーぅ。でも厄介なのも本当ですよ?」

智葉「そうだな。確かにお前とは相性が悪いかもしれん。あれは能力を真っ向否定する原村和とは対局の存在だ。相手がどんな能力を持っていたとしても、それを技術と演算だけで攻略する。能力を封じて期待値勝負に持ち込む原村とも全く別のスタイルだな」

憩「だから智葉さんとは相性悪いはずですよー。智葉さんは能力持ってないですもん」

智葉「対戦するのが楽しみだな。まあ、何より楽しい奴が最後に控えているわけだが」

憩「お互い、あのツノとは決勝までやりたくないですねー」

智葉「だとしたら準決勝は宮永を除いて、私とお前がやるということになるが……?」

憩「そのときは2人で決勝行くの確定やないですか」

智葉「……本当に、私はお前が好きだよ、荒川」

憩「ウチも智葉さんが大好きですよーぅ」

続きを読む

【SSS】憩 -Kei- 個人戦第13話『圧倒』

智葉「おつかれさん」

憩「わーぁ、智葉さん、ウチのこと待っててくれたんですかー?」

智葉「さすがだな。本当にあの福路さんを1回戦で蹴落とすとは、やろうとしてもなかなかできるものではない」

憩「運が良かったですよーぅ」

智葉「運が良かったのは認めるが、多少の運でぐらつくような人じゃないだろう、福路さんは」

憩「ま、てるるんに勝つには圧倒的大差でみぽりんを倒さないといけませんでしたからねー。それに、あの卓に入ればウチやなくて智葉さんだって、同じこと考えるでしょ?」

智葉「否定はしない。だが、同じことをやれと言われてできるかどうかは別物だ」

憩「できますよ、智葉さんなら」

智葉「……」

憩「……」

智葉「お前は本心で言うから本当に恐ろしい奴だな」

憩「いやー、それほどでもー」テレッ

智葉「褒めてない。まったく──それで、次の試合はどう見る?」

憩「両方とも前半戦がちょうど終わったとこやけど、予想外の人たちが勝ち抜け確定してますねー」

智葉「末原は妥当だと思うが?」

憩「んー、のどっちが相手の分析が終わらなかったせいで末原さんが生き延びましたけど、今ののどっちが本気だしたらあの中でかなう人はいないでしょーね」

智葉「お前の中では原村和は相当高く評価されているようだな」

憩「団体戦の決勝を見ればそうなるでしょー」

智葉「もう片方はどうだ?」

憩「そりゃやえさんが後半トップで決まりです」

智葉「信頼しているのだな」

憩「それはもう。ウチが5戦して5勝できないって思う人は片手で数えるくらいしかおらへんもん」

智葉「試みに聞いても?」

憩「てるるん、智葉さん、やえさん、とっきー、あとはひさりんあたりですかね」

智葉「福路さんは……まあ今の結果を見れば勝てないとは思わんか」

憩「正直、思いませんね。あと、同学年以下には絶対に負けません」

智葉「小走やえか。正直、そこまで強いとは思わないが」

憩「そうですね。強くはないです。ただ、尋常じゃないくらい、上手いんですよ」

智葉「ほう……それはぜひ、手合せしてみたいところだな」

憩「おそろしいくらいに『斬れない』と思いますよ。ウチみたいに見えてるわけでもないのに、ほとんど見えてるのと同じくらい演算してますもん」

智葉「その小走やえが、どうやら後半戦1局目から走り始めたようだぞ」

やえ『ツモ。1300-2600』

憩「弱冠小走りですけどね」ドヤァ

智葉「関西人というものはどんな場合でも面白いことを言うのかと思っていたぞ」

憩「そりゃ偏見ですよーぅ!」

やえ『ロン。7700』

智葉「勝ち抜けの依藤に直撃か。あれは油断だな」

憩「すーみんはもーちゃん先輩ほど安定してませんから」

智葉「予選最終戦といい、先ほどの対局といい、ずいぶん気合が入っているように見えたのだがな」

憩「あれが安定するようになったら、同学年の中では頭1つ抜けると思いますよーぅ。ウチにころたん、姫さんが3強になるのは間違いないとして、4番手が拮抗するでしょうし」

智葉「お、その小走の表情が変わったぞ」

憩「さわやんが仕掛けましたねー。何をしてるのかは……ぅゎぁ」

智葉「清一色テンパイしておいて、相手に危険色を押し付ける能力……ということか?」

憩「3回連続で萬子。でもやえさんさすがですねー、全部危険牌とみて全部取り込んでます。あれは流す体勢ですね」

やえ・澄子『ノーテン』

透華・爽『テンパイ』

智葉「……そして、その獅子原に触発されて目覚めたな。あの冷たい悪魔が」

憩「その悪魔を予選で真っ二つにしてきたのはどこの誰でしたっけー?」

智葉「実に斬りごたえがあった。あれはなかなか強いぞ」

憩「んー、あの人はウチの1年が相手したんやけど、刻子と順子を合わせて『3組まで』しか与えない他者制限タイプやろ」

智葉「そのようだな。七対子か国士無双でなら崩せるわけだが」

憩「まー、狙って国士は無理やから、現実的には七対子やろね」

やえ『ロン。6700』

憩「チートイドラ2。演算通りってとこやろか」リューモンサンニチョクゲキトカ

智葉「うちのメグでもあの状態の龍門渕は止められなかったのに、たいしたものだな」

憩「だからやえさんは強いんですってばー」

智葉「お前の目で見て、私と小走とではどちらが強い?」

憩「客観的には智葉さん、主観的にはやえさんですね」

智葉「なるほどな。お前にとって苦手な相手ということか」

憩「やえさんと戦ったとしたら、智葉さんなら多分10回やって9回か10回は勝てると思います」

憩「でも、ウチなら10回やって5回勝てるかどうか、ってとこでしょーね」

智葉「相性の悪さか」

憩「ウチの能力なんて自分の失点を防ぐ程度のものですからね。やえさんはウチから直撃取らんでも、残りの2家から荒稼ぎしていけばウチより点数を稼ぐことは可能やと思います」

智葉「私からしてみれば、お前が宮永以外の誰かに負けることなど想像もつかないが」

憩「やえさんは本当に、特別の例外っちゅーことですよ」

第3試合後半戦南1局

東・爽:23900
南・澄子:14500
西・やえ:43100
北・透華:18500

やえ(やはり龍門渕透華はこの状態になってくれた方が稼ぎやすいな。ひたすら対子を集めて七対子を作る。作戦が決まればあとは実行するだけだ)タンッ

透華「 」タンッ

爽(まずいな。後半戦で1位を取らないと勝抜けが難しいのに)タンッ

澄子(鳴くこともできず、鳴かせることもできない川、か。小走先輩はよくこんな状況で直撃できますね……)タンッ

やえ(獅子原爽とは2万弱、龍門渕透華とは2万5千弱。能力のない私にとって、まだセーフティリードとはいえないな。それにラス親は龍門渕透華だ。万が一のことを考えて、多めに稼いでおきたいし、可能ならその前に誰かをトバして終わりたい)タンッ

透華「 」タンッ

爽(ここだ──ホヤウ!)タンッ

澄子(何か、有珠山の様子が変わった)タンッ

やえ(おっと、ここでまた別の能力か。本当に北海道のカムイとやら、何柱連れてきているのやら。あの危険牌で龍門渕が和了らないということは、敵の干渉から身を守る、といった能力だろうか)タンッ

透華「 」タンッ

爽(これでテンパイ、っと)タンッ

澄子(危険な感じがする……)タンッ

やえ(親番か。何とか流すことができればいいのだが)タンッ

透華「 」タンッ

爽「ツモ! 4000オール!」パララッ

やえ(能力持ちってやつは……)チャラ

澄子(まあ、私がここで飛んでも勝ち抜けはほぼ確定──あれ、でも、前半戦の結果がこうだから……)チャラ

爽「1本場」

後半戦南1局1本場

東・爽:35900
南・澄子:10500
西・やえ:39100
北・透華:14500

衣「あの者たちはたいしたものだな。『あの』とーかが完全に封じ込まれている」

一「まさか透華が1回戦負けなんてこと……」

智紀「これがインターハイの個人戦TOP32の実力」

純「それにしてもあいつ、全然目立ってねえな。これで本当に負けでもしたらあいつしばらく立ち直れないんじゃねえのか」

透華『ツモ。3000-6000』

智紀一純(((そして相変わらず自分が和了るときは余計に目立ってない……)))

後半戦南2局

東・澄子:7500
南・やえ:36100
西・透華:26500
北・爽:29900

やえ(まったく、能力持ちってやつは、こちらがどれだけ演算を繰り返しても、ほんのちょっとの力でそれを軽く上回ってくる)タンッ

やえ(たまには普通の麻雀がやりたいよ……まあ、能力を持たない選手だけで闘ったら私が圧勝してしまうのは目に見えているが。白糸台の原村和ならちょうどいい対抗馬になるかな)タンッ

やえ(獅子原爽……)

やえ(お前、まだ手の内を隠しているな。あと何柱残っているのかは知らんが)

やえ(能力戦の基本──お前は知らんだろうから、教えておいてやろう。初出場の、ぽっと出のやつに負けるなんていうことは、百戦錬磨の私にとってはありえないことだからな)タンッ

透華「 」タンッ

爽(よし、テンパイ……!)

爽手牌:12233778899發發 ドラ:5

爽(りゅーもんさんは順子をそろえさせてくれないっていうことだったけど、二盃口だとうまくいくんだなあ……七対子の形になっているとりゅーもんさんは見逃しちゃうってことかな)

爽(もちろん立直をしようものならすぐに直撃を受ける。ここは黙ってテンパイを維持。ホンイツリャンペーなら跳満確定だからね)

爽(ここで雲を使う──劔谷を落として1位になれば、文句なしの2回戦進出だ!)タンッ

澄子(ここで1索か。怪しいところを引いた)

澄子(3家ともテンパイしている気がする。もし私がここでハコ割れしたら収支マイナス。小走先輩が2位で、獅子原先輩が1位だとしたら2回戦に行けない可能性もある)

澄子(そして獅子原先輩は他家に自分の待ちを握らせることができる能力の持ち主らしい。この1索は封印しておかないと。とりあえず1枚切れてる白で──)タンッ

やえ「ポン」

爽澄子((え))

やえ「……どうした、2人とも。ハトが豆鉄砲食ったような顔をして」

爽「いや、この状態のりゅーもんさんの場って、鳴けないんじゃなかったっけと思って」

やえ「それができるんだな。この方法ならば」

澄子(そう。私はこの白が3人には通ると思って捨てた。なぜなら、この白は3巡前に──)

憩「刻子崩し。刻子と順子が3組までしか作れないのなら、一度作った刻子を崩せばそれ以外で3組できる。で、あとは4枚目の白を誰かが投げてくれるのを待って、鳴いてテンパイ。当然白は4枚目だからやえさんが鳴いてもりゅーもんさんは止めようがない」コクシナラデキルヤロケド

智葉「知っててもそれができるかどうかとなると相当難しいだろ」

憩「でもやえさんはそれができるんですよ。ウチじゃ絶対にできません。あれはやえさんが何年も、指にタコができなくなるくらい、打って打って打ちまくって身に着けた技術の結晶ですからね」

やえ『ツモ。白、三色ドラ2、2000-3900』パララッ

憩「で、最後は単騎待ち。対子を作るまでに制限が入らないのは今までの対局から証明済み。見事なまでに計算しつくされた対局です」

智葉「なるほどな。あいつにしてみれば私やお前ですら丸裸にされそうだ」

憩「丸裸だなんて、智葉さんやーらしーい」

智葉「殺すぞ」ギラリ

憩「冗談ですよーぅ」ヒヤアセ

後半戦南2局

東・やえ:44000
南・透華:24500
西・爽:27900
北・澄子:3600

爽(こ、この人マジ強いんですけど……私の雲と、りゅーもんさんの鳴き封じが完全に突破された……)タンッ

澄子(前半戦で獅子原先輩とつけた差が27点。後半戦の現状の得点差が24点。この点差を維持できれば2回戦進出……)タンッ

爽(ザンクでいい。直撃とって飛ばせば私が2回戦に行ける!)タンッ

澄子(絶対に振り込まない!)タンッ

誓子「爽、いけーっ!」

揺杏「負けんな、爽!」

成香「がんばってください、爽先輩!」

美幸「澄子ちゃん……!」

梢「がんばって」

莉子「依藤先輩……!」

一「透華、負けるな!」

智紀「……ここで負けたら許さない」

純「たまには目立ってみせろってんだ!」

衣「とーか。このまま引き下がっては龍門渕の名が泣くぞ。ここで巻き返してみせよ!」

やえ「──悪いが、王者として、収支1位を譲ることはできんよ」パララッ

やえ「ツモ。6000オール。試合終了だ」

やえ手牌:↓↓()ЛЛ東東西西北 ドラ:3 ツモ:北

後半戦結果

やえ:62000
爽:21900
透華:18500
澄子:-2400

得点収支

やえ:+1+52=+53
澄子:+27-32=-5
爽:0-8=-8
透華:-28-11=-39

恒子『1回戦第3試合しゅうーりょーぅっ! 最後は龍門渕選手の弱点ともいえる七対子にホンイツ、ドラツモを加えて7飜ツモの王者、小走やえが一人浮きの圧倒的勝利っ! そして2回戦進出は、3点差で前半戦のリードを守りきった伝統校劔谷の依藤澄子選手だーっ!」

健夜『小走選手の強さが光りましたね。獅子原選手、依藤選手、龍門渕選手はそれぞれに特色のある能力の持ち主でしたが、小走選手はまったく能力なしで3人を圧倒しました。麻雀を真に鍛えるとはこういうことを言うのだと思います』

恒子『いつも辛口の小鍛治プロも大絶賛だー!』

健夜『そ、そんなに辛口じゃないよ!』

智葉「最後は獅子原に能力を使わせずに勝ったか。確かに上手いな」

憩「あーあー、厄介な人が上がって来はりましたねー」

智葉「嬉しそうだぞ、荒川」

憩「まー、好きな人が上がってくれた方が嬉しいに決まってますよーぅ。でも厄介なのも本当ですよ?」

智葉「そうだな。確かにお前とは相性が悪いかもしれん。あれは能力を真っ向否定する原村和とは対局の存在だ。相手がどんな能力を持っていたとしても、それを技術と演算だけで攻略する。能力を封じて期待値勝負に持ち込む原村とも全く別のスタイルだな」

憩「だから智葉さんとは相性悪いはずですよー。智葉さんは能力持ってないですもん」

智葉「対戦するのが楽しみだな。まあ、何より楽しい奴が最後に控えているわけだが」

憩「お互い、あのツノとは決勝までやりたくないですねー」

智葉「だとしたら準決勝は宮永を除いて、私とお前がやるということになるが……?」

憩「そのときは2人で決勝行くの確定やないですか」

智葉「……本当に、私はお前が好きだよ、荒川」

憩「ウチも智葉さんが大好きですよーぅ」

続きを読む

第159局既読者向けに妄想を。忘れた頃にやって来るiPSベイベー説。

嶺上開花マスターのくろもちです。

明日は最新161局掲載のYG発売ということで
なにやら1話分遅れている気もしますが
いつものごとく振り返りの意味も含めた感想記事ですよーぅ。

ざっくり振り返れば
前回に引き続き、敗退校への焦点その3!
敗退校への焦点その3
またも前々… 続きを読む

咲-Saki-小ネタ Part95

続きを読む
続きを読む

咲-Saki-キャラで、「鳴かぬなら――」を考える

こんにちは。今回はSSではありません。皆さんは、「鳴かぬなら ○○○○○○○ ホトトギス」をご存知でしょうか?戦国時代の武将3人、徳川家康・豊臣秀吉・織田信長の性格をそれぞれ表したものとして有名ですよね。徳川家康 「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」豊… 続きを読む

メロンの品種でニッコリですのだ!

嶺上開花マスターのくろもちです。

ふとした日常に
咲-Saki-成分が高めなものを見つけようという
ゆるいお遊び。

今回紹介するのは久々の食べ物!

こちらです!

タカミメロン!ババーン!

…。

メロンの品種で、漢字では貴美メロンと書くらしいですね。

皆さんご存知で… 続きを読む

決闘者の魂【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ※遊○王ネタが増し増しなので読む人を選ぶ感じのSSだと思います数絵「私はスケール3の左鎌神柱と、スケール5の右鎌神柱でペンデュラムスケール… 続きを読む

6月14日は古塚梢さんの誕生日です

続きを読む
続きを読む

劔谷3人娘に会いに行ってきました!

こんばんは。阿知賀編で一番好きな学校は劔谷のいぬもにです。ずーっと、劔谷に行きたかったのでー。連れて行ってもらっちゃいました。高速道路に乗って2時間。急な坂をひたすら登ってやっと辿り着きました!阿知賀編3巻143p 阿知賀編3巻だと、もーちゃん&でーちゃん。翌日… 続きを読む

那岐「第39回もちもち朝起こされたい力が高いのは誰だ選手権」梢「結果発表です」【咲-Saki-アンケート結果発表SS】

第39回もちもち朝起こされたい力が高いのは誰だ選手権!の結果発表SSです。

これまでの結果一覧

——————-
某所

那岐「わー」パチパチパチ
梢「ケッカデタデー」パチパチパチ

\マネスンナヤー/

梢「いつもは皆様にバースデーケーキを運んでおります私が」
梢「僭越ながら、司… 続きを読む

ふとした妄想

おはようゴジャイマース。今回はふとした妄想、願望をさらりと咲キャラを使っての恋愛シミュレーションが出たら、私は飛びつくと思うのでごぜーます。SNKよりDSで発売されたデイズオブメモリーズみたいなのならイケると思うのです。第一弾として長野に絞ってキャラ選定して攻… 続きを読む

京太郎「女の子達をランク付けしよう」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 21:05:21.13 ID:NrDqGnzgO京太郎「まずは優希からだな」 続きを読む

京太郎「女の子達をランク付けしよう」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 21:05:21.13 ID:NrDqGnzgO京太郎「まずは優希からだな」
続きを読む

怜「竜華が部室で寝とる」

怜「こんにちは」竜華「zzz」怜「りゅーかしか来とらんのか、って寝てるし」竜華「zzz」怜「何や机に突っ伏して…疲れとるんか」竜華「zzz」怜「しかも口開けて寝とる…こういうとこだらしないなりゅーかも」怜「!」怜「」ゴソゴソ怜「トッポ食べさせたろ」ペリペリ怜… 続きを読む

和「咲さん、ミカン剥きましょうか?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 15:34:04.74 ID:iQ/ZcMvE0咲和 キャラ崩壊注意 短いです2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12… 続きを読む

和「咲さん、ミカン剥きましょうか?」

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465713244/1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 15:34:04.74 ID:iQ/ZcMvE0

咲和 キャラ崩壊注意 短いです

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/0… 続きを読む

智葉「私立先鋒学院高校麻雀部」三年生

高校三年生 4月智葉「新年度……か」黒服A「…………」智葉「どうした、珍しく元気がないな」黒服A「…………いえ」智葉「で、今年は何人来るんだ」黒服A「…………」智葉「ん?」黒服A「…………一人です」智葉「……何?」黒服A「…………」バタン優希「たーのもー!… 続きを読む

【咲-Saki-SS:久咲】 久「暗闇の先に続く道」【狂気】

<あらすじ>竹井久が卒業し、新生清澄としてスタートした年の6月。麻雀合宿にその姿を現した竹井久は、新入部員との交流に肝試しを提案する。肝試しは滞りなく進んでいく。そして最後、竹井久と宮永咲の組になり。何事もなく終わるかと思われたその矢先――闇が、二人を取り込んだ。<登場人物>竹井久,宮永咲<症状>・狂気(軽微)<その他>次のリクエストに対する作品です。・気持ちを伝えられないまま 友人関係を続けているふたりが 不思議な(恐い)体験をして、 その体験がきっかけになって 結ばれるみ.. 続きを読む

和「咲さん、ミカン剥きましょうか?」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 15:35:02.65 ID:iQ/ZcMvE0 咲「……」 和「咲さん?」 咲「んぅ…」スースー 和「…寝ているんですか」 続きを読む

和「咲さん、ミカン剥きましょうか?」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 15:35:02.65 ID:iQ/ZcMvE0 咲「……」 和「咲さん?」 咲「んぅ…」スースー 和「…寝ているんですか」
続きを読む

【感想記事】咲-Saki- 第160局「5決」オケツかな?オケツじゃないよオケツだよ(病気)

前局→【感想記事】咲-Saki- 第159局「準備」すばらばらばら高遠原!! ガルパンはいいぞ。毎日劇場板観てたらブログ更新超遅れた。 はいどうもこんにちは、山吹です。 時間とモチベの都合上、シノハユではなく咲最新話の感想記事を優先することにしました。 シノハユは… 続きを読む

咲日和~池田の巻⑧~の感想

咲日和~池田の巻⑧~を読了しました。 今回の咲日和は咲日和~清澄の巻⑧~と二話同 …

Copyright © 2016 にゅいのって All Rights Reserved.

続きを読む

淡「りゅーか先輩の誕生日をサプライズ…」怜「それはあかん」【特攻野郎エイチームSS】

——————-エイチーム事務所淡「えー!なんでなんで」ゴロンゴロン一「でんぐり返らないの!」怜「サプライズはなあ…あかんのよ」淡「くろせんぱあい…」玄「うぅ…。そんな目でみないで…」淡「駄目なのお…」巴「そもそもどんなサプライズを考えてたの?」淡「よくぞ… 続きを読む

C90当落について

皆さま、こんにちはこんばんはこのブログの更新も大分ご無沙汰です。書く度に言っている気がしますが……しかし、まぁ!気が付くと早いもので、6月も中旬に差し掛かろうとしてますね。時の流れとはかくも残酷なのか……閑話休題本日はコミックマーケット(C90)の当落速報の配信日。やっぱり落ち着かないものですね!あんなにそわそわしたのは久しぶりです。TLの諸先輩方もそわそわされてるんだもの、しょうがないよね!そして、定 続きを読む

咲「今日は私のお父さんの誕生日だよ京ちゃん!」

続きを読む
続きを読む

夏コミC90でスペースいただけました

金曜日に夏コミの当落発表がありまして、当サークル「近代麻雀漫画生活」は冬に続いてスペースをいただけました。
◎貴サークル「近代麻雀漫画生活」は、金曜日 東地区“マ”ブロック-23a に配置されました。カタログ内を「咲-Saki-」で検索するとかWEBカタログをご覧にな… 続きを読む

智葉「私立先鋒学院高校麻雀部」二年生(後)

5月の終わり成香「合宿……楽しかったですねー」漫「そうやねー」煌「すばらなひと時でした……」漫「ここに来て二か月……。正直最初は不安やったけど、ホッとしてるわ」煌「うん。私もですよ」成香「部活は楽しいですし、先輩方も優しいですし……。本当によかったです」… 続きを読む

徹夜のお供 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ塞「ね、眠い……」 ウトウト星夏「臼沢先輩、大丈夫ですか?」もこ「き、昨日ウチで、ホラー映画の鑑賞会してたから」星夏「なにそのサバト」もこ「… 続きを読む

【京咲SS】決勝前夜

こんばんは。一番好きなカップリングは京咲のいぬもにです。しかし、供給がないのもこのカップリングSS・・・。と言う訳で、自給自足しますのだ!百合じゃないとはSOA、京咲とか有り得ないじぇえって方とは、回れ右してくださいね。【京咲SS】決勝前夜最後の練習も終了して、あ… 続きを読む

和「フランスより」咲「愛をこめて」

1 : ◆CU9nDGdStM 2014/09/16(火) 00:04:50.83 ID:IfVJEPyJ0ー注ー フランス・パリを舞台にした和咲です 2人とも社会人になってます 別のスレで書かせて頂いてる十二国記パロの合間にちょこっ… 続きを読む

咲-Saki-小ネタ Part94

続きを読む
続きを読む

智葉「私立先鋒学院高校麻雀部」二年生(前)

高校二年生 4月黒服A「さあ! 今日から新年度の部活動開始ですよ!」智葉「……まだ居る気なのかお前らは」黒服A「今回も全国各地にスカウトを飛ばし! 必ずやお嬢の力となれる人材を勧誘してきました」智葉「……去年も聞いたが。そのスカウトってのは誰がやったんだ… 続きを読む

怜「竜華、今日は6月8日やな」

続きを読む
続きを読む

【咲-Saki-SS:白糸台?】「その時、弘世の尻が二つに割れた」【ギャグ】

<あらすじ>小ネタです。『激しいツッコミを入れてはいけない インターハイ決勝戦1時間』<登場人物>弘世菫,竹井久,その他大勢<症状>・特になし<その他>・以下のお題に対する回答となるSSです。#フォロワーにあげてもらった文体の特徴を全部変えて小説を書く拘束、束縛、どろどろ、病みハッピーエンド展開を禁止。地の文を淡泊にして激しいツッコミはせず、ストレートな感情表現から強い行動へ結ぶことを禁じ、キャラに「ふきゅっ」と言わせず日本語以外の言語で書く事。※さすがに日本語禁止はやめます.. 続きを読む

読者参加型書け麻雀の結果お知らせと、次回開催予定ですのだ!

嶺上開花マスターのくろもちです。諸々ありまして遅れてしまいましたがGW特別企画として開催しました読者参加型書け麻雀の結果ご報告です。ルール等々につきましてはこちらの募集記事をご覧下さいね。参加者
参加者7名!わたしと副管理人たかかげ さんそして当然のようにい… 続きを読む

うえのさんと買い物に行きました

続きを読む
続きを読む

天秤 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ絹恵「おっ、このカーディガンとか友香ちゃん似合うんちゃう?」泉「おー、かわええやん」友香「うー、でもちょっとお高めなんでー……」泉「ど… 続きを読む

お絵かき練習その5

こんばんは。慕ちゃんも大好き、いぬもにです。お絵かき練習で本編キャラばかり描いてきましたが、慕ちゃんも描きたいと思い、練習しました!普通に湯町中の制服や今まで着ていた私服を描けばいいのに。なぜか、こんなことに。コスプレって楽しいですよね!<間違った制服が… 続きを読む

☆永水女子が好き(霞初と明曽と薄墨桜)☆

 最近の咲の情報量の嬉しさについていけていない みなさんこんにちは。ゆずぽです!ガンガンを読みながら「あれもいい…これもいい…」とひとり噛み締めているうちに、気付いたらもう、またあの熱い夏がやってきてしまいそう。まずは、海はるる~!!ついに待ちわびた「永水… 続きを読む

そうかこれが (小禄)心 か

久しぶりの記事です。
タイトルはまたしてもBLEACHネタです。
どうでもいいですが咲-saki-のキャラでBLEACHのパロやってみたいなぁって思ってます。
みなさんならどのキャラをどのポジションに当てはめますかね?そういう妄想も楽しいですよね。

さて、6月というこ… 続きを読む

そうかこれが (小禄)心 か

久しぶりの記事です。
タイトルはまたしてもBLEACHネタです。
どうでもいいですが咲-saki-のキャラでBLEACHのパロやってみたいなぁって思ってます。
みなさんならどのキャラをどのポジションに当てはめますかね?そういう妄想も楽しいですよね。

さて、6月というこ… 続きを読む

【咲-Saki-】京太郎「いなりはどこ…ここ…?」フタチマル…

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458289174/1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/18(金) 17:19:34.21 ID:cpS4VFhu0

※注意※ このSSは ハギヨシ「なんで見られてるんですかねぇ…」(困惑) 【咲-Saki… 続きを読む

5位決定戦について答えるのですボクたち!

嶺上開花マスターのくろもちです。新企画!意識調査?みたいなもの第五回!皆さんお馴染み!ということで進めますよーぅ。今回は掲題。5位決定戦について答えるのですボクたち!企画が第五回だからという非常にイージーなアレです。ということで…。次の質問にお答えください… 続きを読む

北神奈川代表・東白楽高校(強豪校)のあたりに行ってきました

私は今、神奈川県の北部に住んでいるのですが、「咲-Saki-」で現在行われているインターハイには北神奈川代表で東白楽高校が出場しています。

当初はこの1回戦の結果は謎だったのですが、第115局[新進]掲載時のヤングガンガンの作者コメントにて、小林立先生から「全… 続きを読む

智葉「私立先鋒学院高校麻雀部」一年生

高校一年生 4月智葉「……で、ここが麻雀部の部室か」黒服A「はい」智葉「しかし何考えてんだうちの親は……。勝手に私の進学先を……」黒服A「いいじゃないですか。我が子のために全力を尽くす親御さん……、すばらな話です」智葉「『中学卒業祝いに新しい高校つくった… 続きを読む

咲-Saki-第160局「5決」。無修正版が読めるのは本誌だけ

 立先生のブログが更新↓『服を描く余裕がなかったページがあるので』『服を描く余裕がなかったページがあるので』『服を描く余裕がなかったページがあるので』『服を描く余裕がなかったページがあるので』  なんだと!!!それはけしからんありがとう、今すぐ確認せねば!!!! どこだ!?スパシーバ!!!!!待ってまて待って!!これ単行本で直すとか書いてたけど、直す箇所なくね!?有珠山→事後→裸である必要性がある一 続きを読む

160局・5決妄想

おはようゴジャイマース。160局の妄想をだらだらと実況・解説はこの二人で間違いないでごぜーますか。この2人も私、好きです。まあ今回は試合開始前の口上ですよね。髪型から察するに国広さんですよね?夜空見上げるのはたいへんよろしい。ロマンティックでごぜーます。… 続きを読む

無理矢理日本語化したせいでモモみたいなこと言ってるアプリがありましたのだ!

嶺上開花マスターのくろもちです。ふとした日常に咲-Saki-成分が高めなものを見つけようというゆるいお遊び。今回紹介するのはアプリ!こちらです!ババーン!

Power Batter-節電、快速充電、電池計測&最適化 – Google Play の Android アプリ高水準の節電アプリとして、アンド… 続きを読む

雨の日のおすすめ松江探訪スポット

こんばんは。いぬもにです。聖地探訪する時に雨が降ってたら泣けてきますよねー。足元悪いし、景色もぼやけるし、撮影するとしたらカメラも濡れるし。しかも、遠方の聖地だと中々行けないので、余計に切ないです。そんな時は、屋内探訪を中心に動くのはどうでしょう?と、雨… 続きを読む

【感想記事】咲-Saki- 第160局「5決」オケツかな? オケツじゃないよオケツだよ(病気)

前局→【感想記事】咲-Saki- 第159局「準備」すばらばらばら高遠原!! ガルパンはいいぞ。毎日劇場板観てたらブログ更新超遅れた。 はいどうもこんにちは、山吹です。 時間とモチベの都合上、シノハユではなく咲最新話の感想記事を優先することにしました。 シノハユは… 続きを読む

咲-Saki- 第160局「5決」

以下、ネタバレあり。
続きを読む

誠子「やってくれましたよねえ、あの人」照「ほんとにね」【咲-Saki-3on3SS修行編その2】

恭子「だからはじめは色々ちっこいねん」一「恭子に言われたくないよ!」の続きです。——————-東北自動車道ブロオオオ智葉「ふむ…」モゾモゾ憩「どないしたん?」智葉「や、あまり車での移動ってのが慣れなくてな」憩「あ~」智美「そうなのかー?」智葉「東京はな。あ… 続きを読む

あぐり先生の描くはやりんの目。

あぐり先生の描くはやりんの目は大きい。

目というか、ハイライトの部分と言うんでしょうか?

他のキャラと比べるとよく分かりますね。

大人はやりんも大きいままです。

…いや、おっぱいじゃなく、ハイライトが。

キャラとしての描き分けではあるんでしょうが、

続きを読む

咲日和~清澄の巻⑧~の感想

咲日和~清澄の巻⑧~の感想記事です。 前回の清澄の巻は2015年11月ですので、 …

Copyright © 2016 にゅいのって All Rights Reserved.

続きを読む

【咲-Saki-SS:照玄】照「松実館でお菓子中毒を克服する」【強迫】

<あらすじ>玄「宮永さんはお菓子の食べ過ぎです!  これは私が管理しないと!」照「私は別に今のままでいいんだけど…  まあ、お手柔らかによろしく」<登場人物>松実玄,宮永照,弘世菫<症状>・強迫観念<その他>以下のリクエストに対する作品です。・照玄で玄ちゃんが病んでる感じで。 ギャグかシリアスかはお任せ。 →割とほのぼのな感じになりました。※割と小ネタです。※リクエストの都合上 玄が若干原作より闇成分多めです。 苦手な方はご注意を。———————-.. 続きを読む

咲-Saki- 第160局[5決] 眠りと目覚め

健康上の理由で、シノハユ33話の画像は上げられませんでした。少し前に首を寝違えたのがぶり返して?右肩~右腕がひどい筋肉痛になってしまい、具体的にいうとスキャナへの原稿セットができなかったのです。少しでも右手を上げる動作をすると尋常ではない激痛が走り、生活に… 続きを読む

【SSS】憩 -Kei- 個人戦第12話『搾運』

第4試合前半戦

東・由暉子:25000
南・和:25000
西・恭子:25000
北・朱里:25000

恒子『さあ、第1試合はいまだ後半戦の東2局ですが、第3試合と第4試合が試合開始の時間になったー!』

由暉子(白糸台の原村さん。同じ1年生で、団体戦でも大活躍した人。もし途中で飛ばされていなかったら、準々決勝であたっていたかもしれない人)

和(姫松の末原さんはインストール済み。こうなると有珠山と戦えなかったのはマイナスでしたね。それに新道寺の控えの方がここまで来るとは、層の厚い学校ですね。まあ、事前の分析で3人の中で一番の難敵は決まっていますが)

恭子(さて、この機械人形が相手となると簡単にはいかへんな。とにかく早和了りで稼ぐしかないやろ)

朱里(さすがにここまで来ると相手も有名な選手ばかりと。でも全力でやったるけん!)

煌「部長の試合が終わっていないのに、もう友清さんの試合が始まってしまいました」スバラクナイ

姫子「友清にとっては嫌な相手ばかりやけん。正直勝ち抜くのは厳しか」

仁美「特別な能力を持っているのが有珠山の1年くらいと」チュー

美子「逆に言えば、4人とも自分の麻雀ができるっていうことやね」

成香「2人同時に始まりましたね。同時に観戦できるなんて素敵です」

誓子「応援が分散しちゃうけどね」

揺杏「方やチャンピオンと互角に渡り合った王者、方や白糸台のゴールデンルーキー。爽もユキも大変な相手とあたったよな」

誓子「信じて見守りましょう」

恭子「チー」タンッ

和(鳴いてきましたか。でも、それで喰いタンにドラくらいしかつかないなら、鳴かない方が期待値が高い)

朱里(ん、鳴いて末原さんの流れがよくなっと。どこかで切っておきたか)タンッ

由暉子(こちらはまだ二向聴。無理はしないでいきましょう。左手は1回しか使えない。とにかくこの1回戦で、確実に1勝しておかないと)タンッ

和(……)タンッ

恭子「ツモ。タンヤオドラ2、700-1300」

由暉子(7巡目。早い……)チャラ

朱里(そのまま持ってったと。この人、運の流れを無意識に操ってると)チャラ

和(やはり、あなたが1回戦で一番の難敵ですね、末原先輩。それは予選で戦ったときから分かってはいたことですが……)チャラ

前半戦東2局

東・和:24300
南・恭子:27700
西・朱里:24300
北・由暉子:23700

久「んー、こっちはやっぱり和が不利でしょうね。下手したらここで敗退もあるかも」

菫「根拠は?」

久「相手の中に末原さんがいること。早い和了りで期待値の高さよりも和了率を優先する試合運びをされたら、期待値だけで勝負をしている和が稼げなくなる可能性がある」

菫「だが、期待値というのは何百、何千局と積み重ねてようやく結果に表れるものだろう。それなら別にこの対戦に限らず、いつだってその可能性はあるのではないか」

立花「問題は末原さんが早和了りをするせいで、期待値の高いはずの和の手がことごとくつぶされる可能性が高いということでしょうね」

照「期待値通りに打っていけば本来なら原村さんが和了るところを、絶妙なタイミングで末原さんがつぶしていく」

久「あれは予選で1回戦ってから研究してきたわね。どのあたりで鳴くと相手の手を遅らせることができるかがよくわかった打ち方をしている」

菫「原村にとっては苦手な麻雀ということか。福路も原村も厳しい戦いだな」

恭子「ロン。3900」パララッ

由暉子「は、はいっ!」チャラ

朱里(2副露から6巡目和了)

和(2回飛ばされて、こちらの手が完全に抑え込まれました)

恭子(ここまでは対策通りやな。次は親番。さてどないしよか)

前半戦東3局

東・恭子:31600
南・朱里:24300
西・由暉子:19800
北・和:24300

akari tomokiyo install now…
yukiko maya install now…
kyouko suehara install OK

和(さすがに2局程度では相手の力も分からないですね。末原先輩は予選で戦っているので把握できてはいますが、他の2人は全く正体が見えない)

和(まあ、後半戦で勝てば1回戦は勝ち抜けるわけですから、無理をせず、期待値通りにいきましょう)ヒュン

恭子「チー」タンッ

朱里(そいはまずか。鳴いて牌と運を同時に引き込むとか、卑怯にもほどがあっ)

朱里「ポン」タンッ

由暉子(オタ風をポン……?)タンッ

和(意味不明ですね)ヒュン

恭子(今の鳴きは、ウチの場を乱したってことかいな)タンッ

朱里(それだけじゃなか。運がよくなっちゅう人から鳴くこって、その運の良さを丸ごと手に入れっと!)

朱里「カン!」タンッ

由暉子(加カンで槓ドラモロ乗りですか!?)タンッ

和(こちらは1向聴ですが、満貫確定の相手に突っ張るほどの手ではありません。ここはまっすぐ行かずに安全に)タンッ

恭子(オタ風鳴いてできる手っていえば、トイトイ、ホンイツ、鳴き一通、鳴き三色、チャンタ、役牌ってとこか。カンドラ4枚あるから2飜で跳満。これはしんどいで。できるだけ安く流したいとこやな。ほれ、対面の。鳴けるか?)タンッ

由暉子「ポン!」タンッ

朱里(おっと、運がニュートラルに戻ったと)

和(回り道でしたが、これで再び1向聴)タンッ

恭子「チー!」タンッ

朱里(うわ、また運を持ってっと。ほんに、鳴いて運を引き込むとか卑怯やけん)タンッ

由暉子(とりあえず安牌で)タンッ

和(テンパイ)タンッ

恭子(テンパイ)タンッ

朱里(二人とも手出し……そろそろテンパイしてるとみてよか。こーなっち!)

朱里「チー!」タンッ

由暉子(さらに鳴くのですか。3人ともテンパイ気味ですし、ここはオリですね)

和(意味不明です)タンッ

恭子(ん、せっかく引けるような気がしてたのに、流されてもうたな)タンッ

朱里(これでもう誰も鳴かんと。これであと4巡もてば──)タンッ

洋榎「こりゃ恭子の奴、つかまされたな」

絹恵「原村の当たり牌?」

洋榎「いや、新道寺の方や」

漫「でも、あれじゃ役無しですよ」

洋榎「役なら後でできるやろ。ほれ、次でしまいや」

恭子(ラス牌──ここで赤5筒)

恭子(原村にも友清にも通ってない牌か。これはテンパイ崩すしかあらへんな。仮に真屋がテンパイになってたとしても跳満直撃より罰符払った方が安いで)タンッ

和・朱里「「テンパイ」」

由暉子・恭子「「ノーテン」」

朱里手牌:´´キィ横械粥刃纂携/北北北北 ドラ:二 槓ドラ:北

恭子(役無しテンパイの河底のみかい。それでもこの赤5筒を切ったら跳満確定。どうにもならへんな、これは)

和(その手で2副露とか、そんなオカルトありえません)

由暉子(危なかった……)

由暉子手牌:()ЛВ牽牽坑稿酘鄒消翆罅.疋蕁二 槓ドラ:北

由暉子(でも、役無しだったら1筒も赤5筒も通ったのですね。テンパイはブラフ。すごいですね。かっこいいです)

前半戦東4局流れ1本場

東・朱里:25800
南・由暉子:18300
西・和:25800
北・恭子:30100

akari tomokiyo install OK.

和(なるほど、運のいい人から鳴くことで運ごと引き込む能力ですか。ですが、そんなオカルトは──通じません)

朱里「チ」

和「ポンです」タンッ

朱里(ちょっ、チーしようと思ったらポンでウチの牌と運をまるっともぎ取られたと!?)

和(運などというものを信じたことはありませんが、相手が運を手にしたと思っているのを攻略すれば少なからず影響は出るはず)

朱里(そいぎ、もう1回、今度は原村和から鳴いて──)タンッ

和「ロンです。2600の1本場は2900」

朱里「はいですとー……」チャラ

前半戦南1局

東・由暉子:18300
南・和:28700
西・恭子:30100
北・朱里:22900

洋榎「恭子の奴、防御力上がったなー」

絹恵「今の原村の変則3面張?」

洋榎「その前にも河底の放出を止めたやろ。ああいう勝負勘が鍛えられたら、恭子は誰にも負けんやろけどな」

絹恵「おねーちゃんより?」

洋榎「はっはっは、絹。一つだけ言うとくで。ウチはな──恭子より強いなんて思ったこと、一度もないで」

恭子(洋榎に心配かけてるかな。大丈夫。すぐにお前のところまで追いつくから。必ず2人で決勝までたどりつこうな)

恭子「ツモ! 2000-4000!」

朱里(鳴かずに手を高めてきた……)

由暉子(この大阪の人、強い!)

和(期待値通りの捨て牌ですね。鳴ける牌がほとんどなかったということもありますが。あと、この手なら立直をしても……)ブツブツ

前半戦南2局

東・和:26700
南・恭子:38100
西・朱里:20900
北・由暉子:14300

揺杏「さすが全国のトップ32だねー。ユキがここまで抑え込まれるとはね」

誓子「でも、まだ『神の左手』は温存中よ」

成香「タイミングが難しそうです。1位の人をぬかないと」

揺杏「出し損になっちゃうよね。とにかく1位を取らないと」

誓子「倍満ツモでぎりぎり1位になれるけど」

揺杏「ユキのことだからな。前半戦は様子を見て、後半戦に備えるんじゃないか」

和『ツモ。1000オール』

成香「やっぱり温存ですね」

揺杏「うん。それに、あの白糸台のゴールデンルーキーもいるからな」

誓子「三箇牧の1年生カルテットを除けば、この2人が1年生のツートップよね」

成香「学年トップ。素敵です」

揺杏「白糸台の1年生は、相手の打ち筋を試合中に分析してその得意技をつぶしてくる。だからできるだけ後に温存しておきたい。それこそ、1位が1回でも取れるなら『神の左手』は1回戦では使いたくないな」

前半戦南2局1本場

東・和:29700
南・恭子:37100
西・朱里:19900
北・由暉子:13300

恭子「チー」タンッ

朱里(う、また運が持っていかれたと。このままだとトップを取られっと。なんとか前半戦で1位取らば)タンッ

和「ポン」タンッ

朱里(今度は運が原村和に行ったと~!?)

恭子(……なんや、さっきから変なところで鳴くな、原村和。そういや、新道寺がさっき何かしたときに、変なこと言うとったけど、関係あるんか?)

恭子手牌:45789´\硝緬漫殖隠横魁.張癲Л◆.疋蕁北

恭子(きっとドラはもう出てこんやろ。そうしたらこれは頭にするのがええ。西はドラ表示牌で1枚使われてるから、誰かが2枚持ってればそれも出てくる望みはないやろ。せやったら、ホンイツはほとんど無理やな。一通の形式テンパイに持ち込む方がええ。ひとまずは西で)タンッ

朱里「ポン!」

朱里(よし、これで役牌入ったと!)タンッ

恭子「ポン」

恭子手牌:45789北北/123/´´ .疋蕁北

朱里(運もってかれたとー! しかもこの切り方、ドラ込チャンタが本戦やけん、ここは逃げの一手と!)タンッ

恭子「ロン!」パララッ

朱里(なんですとー!?)

恭子「一通ドラ2、1本場で6100」

前半戦南3局

東・恭子:43200
南・朱里:13800
西・由暉子:13300
北・和:29700

絹恵「末原先輩、やったで!」

洋榎「さすがやな。1年生を完全に手玉に取ったで」

漫「外から見るとチャンタにしか見えないですからね、あの捨て牌……」

由子「巧妙に仕掛けられた罠なのよー」

和『ツモ。1000-2000』

絹恵「っと、ここでゴールデンルーキーの逆撃かいな」

由子「とっととひっこめなのよー」

洋榎「……」

漫「ん、どないしたんですか、先輩」

洋榎「いや。今の原村和、手替わりすればもう少し高め狙えた思うてな」

由子「期待値計算ミスったのよー」

洋榎「いや、あれはちゃうな……」

久「ばっかじゃないの」

菫「言いたいことは分かるが、あれが原村の麻雀なのだろう」

立花「いや、それでもねえ……残り2局しかないのに、期待値が少しだけ低いっていう理由で、高めに切り替えることをしないなんて……」

照「しかもノータイム」モグモグ

久「これで負けたら盛大にお仕置きしてやらないとね」

菫「だがこれで、7700以上で末原さんを抜けるな」

久「いやいや、今日の末原さんの早和了りの調子よさを考えると満貫以上を簡単には出せないでしょ。ほら」

恭子『ツモ。300-500』

久「最後はゴミツモできれいさっぱりおしまいっと。これで末原さんの1回戦勝ち抜けけってーい」

菫「3年生ブーストが見事に決まった試合だったな」

照「まあ、原村さんは後半に調子よくなるタイプだから……」

久「そうねえ。美穂子がこんな結果になっちゃったわけだし、和には何がなんでも勝ち抜いてもらわないと……」

前半戦結果

恭子:42300
和:33700
朱里:12300
由暉子:12000

続きを読む

【SSS】憩 -Kei- 個人戦第12話『搾運』

第4試合前半戦

東・由暉子:25000
南・和:25000
西・恭子:25000
北・朱里:25000

恒子『さあ、第1試合はいまだ後半戦の東2局ですが、第3試合と第4試合が試合開始の時間になったー!』

由暉子(白糸台の原村さん。同じ1年生で、団体戦でも大活躍した人。もし途中で飛ばされていなかったら、準々決勝であたっていたかもしれない人)

和(姫松の末原さんはインストール済み。こうなると有珠山と戦えなかったのはマイナスでしたね。それに新道寺の控えの方がここまで来るとは、層の厚い学校ですね。まあ、事前の分析で3人の中で一番の難敵は決まっていますが)

恭子(さて、この機械人形が相手となると簡単にはいかへんな。とにかく早和了りで稼ぐしかないやろ)

朱里(さすがにここまで来ると相手も有名な選手ばかりと。でも全力でやったるけん!)

煌「部長の試合が終わっていないのに、もう友清さんの試合が始まってしまいました」スバラクナイ

姫子「友清にとっては嫌な相手ばかりやけん。正直勝ち抜くのは厳しか」

仁美「特別な能力を持っているのが有珠山の1年くらいと」チュー

美子「逆に言えば、4人とも自分の麻雀ができるっていうことやね」

成香「2人同時に始まりましたね。同時に観戦できるなんて素敵です」

誓子「応援が分散しちゃうけどね」

揺杏「方やチャンピオンと互角に渡り合った王者、方や白糸台のゴールデンルーキー。爽もユキも大変な相手とあたったよな」

誓子「信じて見守りましょう」

恭子「チー」タンッ

和(鳴いてきましたか。でも、それで喰いタンにドラくらいしかつかないなら、鳴かない方が期待値が高い)

朱里(ん、鳴いて末原さんの流れがよくなっと。どこかで切っておきたか)タンッ

由暉子(こちらはまだ二向聴。無理はしないでいきましょう。左手は1回しか使えない。とにかくこの1回戦で、確実に1勝しておかないと)タンッ

和(……)タンッ

恭子「ツモ。タンヤオドラ2、700-1300」

由暉子(7巡目。早い……)チャラ

朱里(そのまま持ってったと。この人、運の流れを無意識に操ってると)チャラ

和(やはり、あなたが1回戦で一番の難敵ですね、末原先輩。それは予選で戦ったときから分かってはいたことですが……)チャラ

前半戦東2局

東・和:24300
南・恭子:27700
西・朱里:24300
北・由暉子:23700

久「んー、こっちはやっぱり和が不利でしょうね。下手したらここで敗退もあるかも」

菫「根拠は?」

久「相手の中に末原さんがいること。早い和了りで期待値の高さよりも和了率を優先する試合運びをされたら、期待値だけで勝負をしている和が稼げなくなる可能性がある」

菫「だが、期待値というのは何百、何千局と積み重ねてようやく結果に表れるものだろう。それなら別にこの対戦に限らず、いつだってその可能性はあるのではないか」

立花「問題は末原さんが早和了りをするせいで、期待値の高いはずの和の手がことごとくつぶされる可能性が高いということでしょうね」

照「期待値通りに打っていけば本来なら原村さんが和了るところを、絶妙なタイミングで末原さんがつぶしていく」

久「あれは予選で1回戦ってから研究してきたわね。どのあたりで鳴くと相手の手を遅らせることができるかがよくわかった打ち方をしている」

菫「原村にとっては苦手な麻雀ということか。福路も原村も厳しい戦いだな」

恭子「ロン。3900」パララッ

由暉子「は、はいっ!」チャラ

朱里(2副露から6巡目和了)

和(2回飛ばされて、こちらの手が完全に抑え込まれました)

恭子(ここまでは対策通りやな。次は親番。さてどないしよか)

前半戦東3局

東・恭子:31600
南・朱里:24300
西・由暉子:19800
北・和:24300

akari tomokiyo install now…
yukiko maya install now…
kyouko suehara install OK

和(さすがに2局程度では相手の力も分からないですね。末原先輩は予選で戦っているので把握できてはいますが、他の2人は全く正体が見えない)

和(まあ、後半戦で勝てば1回戦は勝ち抜けるわけですから、無理をせず、期待値通りにいきましょう)ヒュン

恭子「チー」タンッ

朱里(そいはまずか。鳴いて牌と運を同時に引き込むとか、卑怯にもほどがあっ)

朱里「ポン」タンッ

由暉子(オタ風をポン……?)タンッ

和(意味不明ですね)ヒュン

恭子(今の鳴きは、ウチの場を乱したってことかいな)タンッ

朱里(それだけじゃなか。運がよくなっちゅう人から鳴くこって、その運の良さを丸ごと手に入れっと!)

朱里「カン!」タンッ

由暉子(加カンで槓ドラモロ乗りですか!?)タンッ

和(こちらは1向聴ですが、満貫確定の相手に突っ張るほどの手ではありません。ここはまっすぐ行かずに安全に)タンッ

恭子(オタ風鳴いてできる手っていえば、トイトイ、ホンイツ、鳴き一通、鳴き三色、チャンタ、役牌ってとこか。カンドラ4枚あるから2飜で跳満。これはしんどいで。できるだけ安く流したいとこやな。ほれ、対面の。鳴けるか?)タンッ

由暉子「ポン!」タンッ

朱里(おっと、運がニュートラルに戻ったと)

和(回り道でしたが、これで再び1向聴)タンッ

恭子「チー!」タンッ

朱里(うわ、また運を持ってっと。ほんに、鳴いて運を引き込むとか卑怯やけん)タンッ

由暉子(とりあえず安牌で)タンッ

和(テンパイ)タンッ

恭子(テンパイ)タンッ

朱里(二人とも手出し……そろそろテンパイしてるとみてよか。こーなっち!)

朱里「チー!」タンッ

由暉子(さらに鳴くのですか。3人ともテンパイ気味ですし、ここはオリですね)

和(意味不明です)タンッ

恭子(ん、せっかく引けるような気がしてたのに、流されてもうたな)タンッ

朱里(これでもう誰も鳴かんと。これであと4巡もてば──)タンッ

洋榎「こりゃ恭子の奴、つかまされたな」

絹恵「原村の当たり牌?」

洋榎「いや、新道寺の方や」

漫「でも、あれじゃ役無しですよ」

洋榎「役なら後でできるやろ。ほれ、次でしまいや」

恭子(ラス牌──ここで赤5筒)

恭子(原村にも友清にも通ってない牌か。これはテンパイ崩すしかあらへんな。仮に真屋がテンパイになってたとしても跳満直撃より罰符払った方が安いで)タンッ

和・朱里「「テンパイ」」

由暉子・恭子「「ノーテン」」

朱里手牌:´´キィ横械粥刃纂携/北北北北 ドラ:二 槓ドラ:北

恭子(役無しテンパイの河底のみかい。それでもこの赤5筒を切ったら跳満確定。どうにもならへんな、これは)

和(その手で2副露とか、そんなオカルトありえません)

由暉子(危なかった……)

由暉子手牌:()ЛВ牽牽坑稿酘鄒消翆罅.疋蕁二 槓ドラ:北

由暉子(でも、役無しだったら1筒も赤5筒も通ったのですね。テンパイはブラフ。すごいですね。かっこいいです)

前半戦東4局流れ1本場

東・朱里:25800
南・由暉子:18300
西・和:25800
北・恭子:30100

akari tomokiyo install OK.

和(なるほど、運のいい人から鳴くことで運ごと引き込む能力ですか。ですが、そんなオカルトは──通じません)

朱里「チ」

和「ポンです」タンッ

朱里(ちょっ、チーしようと思ったらポンでウチの牌と運をまるっともぎ取られたと!?)

和(運などというものを信じたことはありませんが、相手が運を手にしたと思っているのを攻略すれば少なからず影響は出るはず)

朱里(そいぎ、もう1回、今度は原村和から鳴いて──)タンッ

和「ロンです。2600の1本場は2900」

朱里「はいですとー……」チャラ

前半戦南1局

東・由暉子:18300
南・和:28700
西・恭子:30100
北・朱里:22900

洋榎「恭子の奴、防御力上がったなー」

絹恵「今の原村の変則3面張?」

洋榎「その前にも河底の放出を止めたやろ。ああいう勝負勘が鍛えられたら、恭子は誰にも負けんやろけどな」

絹恵「おねーちゃんより?」

洋榎「はっはっは、絹。一つだけ言うとくで。ウチはな──恭子より強いなんて思ったこと、一度もないで」

恭子(洋榎に心配かけてるかな。大丈夫。すぐにお前のところまで追いつくから。必ず2人で決勝までたどりつこうな)

恭子「ツモ! 2000-4000!」

朱里(鳴かずに手を高めてきた……)

由暉子(この大阪の人、強い!)

和(期待値通りの捨て牌ですね。鳴ける牌がほとんどなかったということもありますが。あと、この手なら立直をしても……)ブツブツ

前半戦南2局

東・和:26700
南・恭子:38100
西・朱里:20900
北・由暉子:14300

揺杏「さすが全国のトップ32だねー。ユキがここまで抑え込まれるとはね」

誓子「でも、まだ『神の左手』は温存中よ」

成香「タイミングが難しそうです。1位の人をぬかないと」

揺杏「出し損になっちゃうよね。とにかく1位を取らないと」

誓子「倍満ツモでぎりぎり1位になれるけど」

揺杏「ユキのことだからな。前半戦は様子を見て、後半戦に備えるんじゃないか」

和『ツモ。1000オール』

成香「やっぱり温存ですね」

揺杏「うん。それに、あの白糸台のゴールデンルーキーもいるからな」

誓子「三箇牧の1年生カルテットを除けば、この2人が1年生のツートップよね」

成香「学年トップ。素敵です」

揺杏「白糸台の1年生は、相手の打ち筋を試合中に分析してその得意技をつぶしてくる。だからできるだけ後に温存しておきたい。それこそ、1位が1回でも取れるなら『神の左手』は1回戦では使いたくないな」

前半戦南2局1本場

東・和:29700
南・恭子:37100
西・朱里:19900
北・由暉子:13300

恭子「チー」タンッ

朱里(う、また運が持っていかれたと。このままだとトップを取られっと。なんとか前半戦で1位取らば)タンッ

和「ポン」タンッ

朱里(今度は運が原村和に行ったと~!?)

恭子(……なんや、さっきから変なところで鳴くな、原村和。そういや、新道寺がさっき何かしたときに、変なこと言うとったけど、関係あるんか?)

恭子手牌:45789´\硝緬漫殖隠横魁.張癲Л◆.疋蕁北

恭子(きっとドラはもう出てこんやろ。そうしたらこれは頭にするのがええ。西はドラ表示牌で1枚使われてるから、誰かが2枚持ってればそれも出てくる望みはないやろ。せやったら、ホンイツはほとんど無理やな。一通の形式テンパイに持ち込む方がええ。ひとまずは西で)タンッ

朱里「ポン!」

朱里(よし、これで役牌入ったと!)タンッ

恭子「ポン」

恭子手牌:45789北北/123/´´ .疋蕁北

朱里(運もってかれたとー! しかもこの切り方、ドラ込チャンタが本戦やけん、ここは逃げの一手と!)タンッ

恭子「ロン!」パララッ

朱里(なんですとー!?)

恭子「一通ドラ2、1本場で6100」

前半戦南3局

東・恭子:43200
南・朱里:13800
西・由暉子:13300
北・和:29700

絹恵「末原先輩、やったで!」

洋榎「さすがやな。1年生を完全に手玉に取ったで」

漫「外から見るとチャンタにしか見えないですからね、あの捨て牌……」

由子「巧妙に仕掛けられた罠なのよー」

和『ツモ。1000-2000』

絹恵「っと、ここでゴールデンルーキーの逆撃かいな」

由子「とっととひっこめなのよー」

洋榎「……」

漫「ん、どないしたんですか、先輩」

洋榎「いや。今の原村和、手替わりすればもう少し高め狙えた思うてな」

由子「期待値計算ミスったのよー」

洋榎「いや、あれはちゃうな……」

久「ばっかじゃないの」

菫「言いたいことは分かるが、あれが原村の麻雀なのだろう」

立花「いや、それでもねえ……残り2局しかないのに、期待値が少しだけ低いっていう理由で、高めに切り替えることをしないなんて……」

照「しかもノータイム」モグモグ

久「これで負けたら盛大にお仕置きしてやらないとね」

菫「だがこれで、7700以上で末原さんを抜けるな」

久「いやいや、今日の末原さんの早和了りの調子よさを考えると満貫以上を簡単には出せないでしょ。ほら」

恭子『ツモ。300-500』

久「最後はゴミツモできれいさっぱりおしまいっと。これで末原さんの1回戦勝ち抜けけってーい」

菫「3年生ブーストが見事に決まった試合だったな」

照「まあ、原村さんは後半に調子よくなるタイプだから……」

久「そうねえ。美穂子がこんな結果になっちゃったわけだし、和には何がなんでも勝ち抜いてもらわないと……」

前半戦結果

恭子:42300
和:33700
朱里:12300
由暉子:12000

続きを読む

【SSS】憩 -Kei- 個人戦第12話『搾運』

第4試合前半戦

東・由暉子:25000
南・和:25000
西・恭子:25000
北・朱里:25000

恒子『さあ、第1試合はいまだ後半戦の東2局ですが、第3試合と第4試合が試合開始の時間になったー!』

由暉子(白糸台の原村さん。同じ1年生で、団体戦でも大活躍した人。もし途中で飛ばされていなかったら、準々決勝であたっていたかもしれない人)

和(姫松の末原さんはインストール済み。こうなると有珠山と戦えなかったのはマイナスでしたね。それに新道寺の控えの方がここまで来るとは、層の厚い学校ですね。まあ、事前の分析で3人の中で一番の難敵は決まっていますが)

恭子(さて、この機械人形が相手となると簡単にはいかへんな。とにかく早和了りで稼ぐしかないやろ)

朱里(さすがにここまで来ると相手も有名な選手ばかりと。でも全力でやったるけん!)

煌「部長の試合が終わっていないのに、もう友清さんの試合が始まってしまいました」スバラクナイ

姫子「友清にとっては嫌な相手ばかりやけん。正直勝ち抜くのは厳しか」

仁美「特別な能力を持っているのが有珠山の1年くらいと」チュー

美子「逆に言えば、4人とも自分の麻雀ができるっていうことやね」

成香「2人同時に始まりましたね。同時に観戦できるなんて素敵です」

誓子「応援が分散しちゃうけどね」

揺杏「方やチャンピオンと互角に渡り合った王者、方や白糸台のゴールデンルーキー。爽もユキも大変な相手とあたったよな」

誓子「信じて見守りましょう」

恭子「チー」タンッ

和(鳴いてきましたか。でも、それで喰いタンにドラくらいしかつかないなら、鳴かない方が期待値が高い)

朱里(ん、鳴いて末原さんの流れがよくなっと。どこかで切っておきたか)タンッ

由暉子(こちらはまだ二向聴。無理はしないでいきましょう。左手は1回しか使えない。とにかくこの1回戦で、確実に1勝しておかないと)タンッ

和(……)タンッ

恭子「ツモ。タンヤオドラ2、700-1300」

由暉子(7巡目。早い……)チャラ

朱里(そのまま持ってったと。この人、運の流れを無意識に操ってると)チャラ

和(やはり、あなたが1回戦で一番の難敵ですね、末原先輩。それは予選で戦ったときから分かってはいたことですが……)チャラ

前半戦東2局

東・和:24300
南・恭子:27700
西・朱里:24300
北・由暉子:23700

久「んー、こっちはやっぱり和が不利でしょうね。下手したらここで敗退もあるかも」

菫「根拠は?」

久「相手の中に末原さんがいること。早い和了りで期待値の高さよりも和了率を優先する試合運びをされたら、期待値だけで勝負をしている和が稼げなくなる可能性がある」

菫「だが、期待値というのは何百、何千局と積み重ねてようやく結果に表れるものだろう。それなら別にこの対戦に限らず、いつだってその可能性はあるのではないか」

立花「問題は末原さんが早和了りをするせいで、期待値の高いはずの和の手がことごとくつぶされる可能性が高いということでしょうね」

照「期待値通りに打っていけば本来なら原村さんが和了るところを、絶妙なタイミングで末原さんがつぶしていく」

久「あれは予選で1回戦ってから研究してきたわね。どのあたりで鳴くと相手の手を遅らせることができるかがよくわかった打ち方をしている」

菫「原村にとっては苦手な麻雀ということか。福路も原村も厳しい戦いだな」

恭子「ロン。3900」パララッ

由暉子「は、はいっ!」チャラ

朱里(2副露から6巡目和了)

和(2回飛ばされて、こちらの手が完全に抑え込まれました)

恭子(ここまでは対策通りやな。次は親番。さてどないしよか)

前半戦東3局

東・恭子:31600
南・翔子:24300
西・由暉子:19800
北・和:24300

akari tomokiyo install now…
yukiko maya install now…
kyouko suehara install OK

和(さすがに2局程度では相手の力も分からないですね。末原先輩は予選で戦っているので把握できてはいますが、他の2人は全く正体が見えない)

和(まあ、後半戦で勝てば1回戦は勝ち抜けるわけですから、無理をせず、期待値通りにいきましょう)ヒュン

恭子「チー」タンッ

朱里(そいはまずか。鳴いて牌と運を同時に引き込むとか、卑怯にもほどがあっ)

朱里「ポン」タンッ

由暉子(オタ風をポン……?)タンッ

和(意味不明ですね)ヒュン

恭子(今の鳴きは、ウチの場を乱したってことかいな)タンッ

朱里(それだけじゃなか。運がよくなっちゅう人から鳴くこって、その運の良さを丸ごと手に入れっと!)

朱里「カン!」タンッ

由暉子(加カンで槓ドラモロ乗りですか!?)タンッ

和(こちらは1向聴ですが、満貫確定の相手に突っ張るほどの手ではありません。ここはまっすぐ行かずに安全に)タンッ

恭子(オタ風鳴いてできる手っていえば、トイトイ、ホンイツ、鳴き一通、鳴き三色、チャンタ、役牌ってとこか。カンドラ4枚あるから2飜で跳満。これはしんどいで。できるだけ安く流したいとこやな。ほれ、対面の。鳴けるか?)タンッ

由暉子「ポン!」タンッ

朱里(おっと、運がニュートラルに戻ったと)

和(回り道でしたが、これで再び1向聴)タンッ

恭子「チー!」タンッ

朱里(うわ、また運を持ってっと。ほんに、鳴いて運を引き込むとか卑怯やけん)タンッ

由暉子(とりあえず安牌で)タンッ

和(テンパイ)タンッ

恭子(テンパイ)タンッ

朱里(二人とも手出し……そろそろテンパイしてるとみてよか。こーなっち!)

朱里「チー!」タンッ

由暉子(さらに鳴くのですか。3人ともテンパイ気味ですし、ここはオリですね)

和(意味不明です)タンッ

恭子(ん、せっかく引けるような気がしてたのに、流されてもうたな)タンッ

朱里(これでもう誰も鳴かんと。これであと4巡もてば──)タンッ

洋榎「こりゃ恭子の奴、つかまされたな」

絹恵「原村の当たり牌?」

洋榎「いや、新道寺の方や」

漫「でも、あれじゃ役無しですよ」

洋榎「役なら後でできるやろ。ほれ、次でしまいや」

恭子(ラス牌──ここで赤5筒)

恭子(原村にも友清にも通ってない牌か。これはテンパイ崩すしかあらへんな。仮に真屋がテンパイになってたとしても跳満直撃より罰符払った方が安いで)タンッ

和・翔子「「テンパイ」」

由暉子・恭子「「ノーテン」」

朱里手牌:´´キィ横械粥刃纂携/北北北北 ドラ:二 槓ドラ:北

恭子(役無しテンパイの河底のみかい。それでもこの赤5筒を切ったら跳満確定。どうにもならへんな、これは)

和(その手で2副露とか、そんなオカルトありえません)

由暉子(危なかった……)

由暉子手牌:()ЛВ牽牽坑稿酘鄒消翆罅.疋蕁二 槓ドラ:北

由暉子(でも、役無しだったら1筒も赤5筒も通ったのですね。テンパイはブラフ。すごいですね。かっこいいです)

前半戦東4局流れ1本場

東・朱里:25800
南・由暉子:18300
西・和:25800
北・恭子:30100

akari tomokiyo install OK.

和(なるほど、運のいい人から鳴くことで運ごと引き込む能力ですか。ですが、そんなオカルトは──通じません)

朱里「チ」

和「ポンです」タンッ

朱里(ちょっ、チーしようと思ったらポンでウチの牌と運をまるっともぎ取られたと!?)

和(運などというものを信じたことはありませんが、相手が運を手にしたと思っているのを攻略すれば少なからず影響は出るはず)

朱里(そいぎ、もう1回、今度は原村和から鳴いて──)タンッ

和「ロンです。2600の1本場は2900」

朱里「はいですとー……」チャラ

前半戦南1局

東・由暉子:18300
南・和:28700
西・恭子:30100
北・朱里:22900

洋榎「恭子の奴、防御力上がったなー」

絹恵「今の原村の変則3面張?」

洋榎「その前にも河底の放出を止めたやろ。ああいう勝負勘が鍛えられたら、恭子は誰にも負けんやろけどな」

絹恵「おねーちゃんより?」

洋榎「はっはっは、絹。一つだけ言うとくで。ウチはな──恭子より強いなんて思ったこと、一度もないで」

恭子(洋榎に心配かけてるかな。大丈夫。すぐにお前のところまで追いつくから。必ず2人で決勝までたどりつこうな)

恭子「ツモ! 2000-4000!」

朱里(鳴かずに手を高めてきた……)

由暉子(この大阪の人、強い!)

和(期待値通りの捨て牌ですね。鳴ける牌がほとんどなかったということもありますが。あと、この手なら立直をしても……)ブツブツ

前半戦南2局

東・和:26700
南・恭子:38100
西・朱里:20900
北・由暉子:14300

揺杏「さすが全国のトップ32だねー。ユキがここまで抑え込まれるとはね」

誓子「でも、まだ『神の左手』は温存中よ」

成香「タイミングが難しそうです。1位の人をぬかないと」

揺杏「出し損になっちゃうよね。とにかく1位を取らないと」

誓子「倍満ツモでぎりぎり1位になれるけど」

揺杏「ユキのことだからな。前半戦は様子を見て、後半戦に備えるんじゃないか」

和『ツモ。1000オール』

成香「やっぱり温存ですね」

揺杏「うん。それに、あの白糸台のゴールデンルーキーもいるからな」

誓子「三箇牧の1年生カルテットを除けば、この2人が1年生のツートップよね」

成香「学年トップ。素敵です」

揺杏「白糸台の1年生は、相手の打ち筋を試合中に分析してその得意技をつぶしてくる。だからできるだけ後に温存しておきたい。それこそ、1位が1回でも取れるなら『神の左手』は1回戦では使いたくないな」

前半戦南2局1本場

東・和:29700
南・恭子:37100
西・朱里:19900
北・由暉子:13300

恭子「チー」タンッ

朱里(う、また運が持っていかれたと。このままだとトップを取られっと。なんとか前半戦で1位取らば)タンッ

和「ポン」タンッ

朱里(今度は運が原村和に行ったと~!?)

恭子(……なんや、さっきから変なところで鳴くな、原村和。そういや、新道寺がさっき何かしたときに、変なこと言うとったけど、関係あるんか?)

恭子手牌:45789´\硝緬漫殖隠横魁.張癲Л◆.疋蕁北

恭子(きっとドラはもう出てこんやろ。そうしたらこれは頭にするのがええ。西はドラ表示牌で1枚使われてるから、誰かが2枚持ってればそれも出てくる望みはないやろ。せやったら、ホンイツはほとんど無理やな。一通の形式テンパイに持ち込む方がええ。ひとまずは西で)タンッ

朱里「ポン!」

朱里(よし、これで役牌入ったと!)タンッ

恭子「ポン」

恭子手牌:45789北北/123/´´ .疋蕁北

朱里(運もってかれたとー! しかもこの切り方、ドラ込チャンタが本戦やけん、ここは逃げの一手と!)タンッ

恭子「ロン!」パララッ

朱里(なんですとー!?)

恭子「一通ドラ2、1本場で6100」

前半戦南3局

東・恭子:43200
南・朱里:13800
西・由暉子:13300
北・和:29700

絹恵「末原先輩、やったで!」

洋榎「さすがやな。1年生を完全に手玉に取ったで」

漫「外から見るとチャンタにしか見えないですからね、あの捨て牌……」

由子「巧妙に仕掛けられた罠なのよー」

和『ツモ。1000-2000』

絹恵「っと、ここでゴールデンルーキーの逆撃かいな」

由子「とっととひっこめなのよー」

洋榎「……」

漫「ん、どないしたんですか、先輩」

洋榎「いや。今の原村和、手替わりすればもう少し高め狙えた思うてな」

由子「期待値計算ミスったのよー」

洋榎「いや、あれはちゃうな……」

久「ばっかじゃないの」

菫「言いたいことは分かるが、あれが原村の麻雀なのだろう」

立花「いや、それでもねえ……残り2局しかないのに、期待値が少しだけ低いっていう理由で、高めに切り替えることをしないなんて……」

照「しかもノータイム」モグモグ

久「これで負けたら盛大にお仕置きしてやらないとね」

菫「だがこれで、7700以上で末原さんを抜けるな」

久「いやいや、今日の末原さんの早和了りの調子よさを考えると満貫以上を簡単には出せないでしょ。ほら」

恭子『ツモ。300-500』

久「最後はゴミツモできれいさっぱりおしまいっと。これで末原さんの1回戦勝ち抜けけってーい」

菫「3年生ブーストが見事に決まった試合だったな」

照「まあ、原村さんは後半に調子よくなるタイプだから……」

久「そうねえ。美穂子がこんな結果になっちゃったわけだし、和には何がなんでも勝ち抜いてもらわないと……」

前半戦結果

恭子:42300
和:33700
朱里:12300
由暉子:12000

続きを読む

咲-Saki-第160局「5決」

続きを読む
続きを読む

憧れの背中 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ京太郎「っと、それポンっす」 カシャ由華「いきなり自風鳴きとはせっかちだなぁ」京太郎「せっかちなのは悪いことじゃないでしょ」花子「トップ目… 続きを読む

「咲-Saki-」第160局[5決]、[オケツ]ではないがまぁ大体合ってる

ヤングガンガンNo.12(2016.6.17)が2016年6月3日に発売しています。なんでも6/4(土)は出版取次の休配日だそうで、その煽りを受けて6/4~6/5発売の雑誌や単行本が前倒しで配送されたからか、6/3深夜のうちにヤングガンガンを入手できず「ぐぬぬ…」となりました。まぁ朝に… 続きを読む

咲-Saki-小ネタ Part93

続きを読む
続きを読む

照「淡の胸が巨乳か虚乳かを調べてみよう」菫「お前は何を言い出すんだ……」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 08:06:14.45 ID:DkDz2ezto 照「白糸台が三連覇を達成するに当たって重要なこと」 菫「……意味が分からないんだが」 … 続きを読む

咲-Saki-160局 ラーメン食べたい

髪を降ろした洋榎と爽の貴重な資料洋榎の全てを肌蹴させる寝相の悪さこれが親譲りなものだとしたら、愛宕パパも新婚当初は相当苦労したのだろうねwもしも、同じく一級寝相悪さ資格を有する穏乃と一緒に寝たら、布団の中が長方形の無差別格闘技のリングと化すことでしょう。見てみたい。爽と誓子は、なんで一緒に寝て、なんで2人とも全裸なんでしょうか。全てはパウチカムイのみぞ知るということか。しかも枕のサイズが2人用です。たまたま一緒に寝たわけではなく、最初から2人で寝る前提で宿泊部屋を予約してます.. 続きを読む

咲-Saki-第160局「5決」

今回も感想を書いていくけど、まずはりつべHPの話。

>ラフにトーンなページが4ページ半くらい

相変わらずの追いついてないっぷり。

>姫子と和の2コマほどと服を描く余裕がなかったページがある

・・・んん?
正直この文章はどう捉えて良いのか迷う。
最新話を見る限… 続きを読む

咲-Saki-160局【5決】~早朝麻雀~

こんにちは表紙淡ですけど最近アオリの阿知賀編のアピールゴリゴリ過ぎてやり過ぎ感が出てきてるような気もせんわけでは本編最初から咲さんふと夜中に目が覚めそして決勝に向けて気合いを入れる逆噴射した淡に威圧感たっぷり穏乃 煽りネリー三味線すごそうそして咲さんガンバ… 続きを読む

咲-Saki-第160局[5決]の感想

咲-Saki-第160局[5決]を読了しました。 5位決定戦に参戦する各学校の入 …

Copyright © 2016 にゅいのって All Rights Reserved.

続きを読む

咲-Saki-劇場版が出たら?(最近流行のあのタグ使ってみた

こんばんは。映画苦手だった、いぬもにです。じっと何もしないで座ってるのが苦手なんですよねー。面白い映画だったら、あっという間に終わってしまう楽しい時間だと知ったのは今年だったりします。たぶん、咲-Saki-劇場版があったら、ワクワクして楽しめると思います!もち… 続きを読む

【dreamscape】立先生、服を描かず

dreamscape 更新の儀有之 続きを読む

教え子末原、善野監督をお祝い

続きを読む
続きを読む

発売日前ネタバレ拡散について

雑誌の発売日前に何らかの方法で手に入れ、ネタバレをネット上に書き込む人がいます。そしてそのネタバレに大勢の誰かが反応して拡散、ネタバレの連鎖が続くわけです。たびたび問題になっていますよね。私もここらでいっちゃん熱く語りたくなってきました。まず注意してほし… 続きを読む